IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

地域ブランドの理想は、尖っていること

村上雄二(エイトワンホールディングス)

今治タオル取扱店の〈伊織〉や柑橘加工品の〈10FACTORY〉など、愛媛ブランドを展開するエイトワンホールディングス。小さくても尖ったブランド力で愛媛の魅力を発信し、地域資源を次世代へつなぐ。

愛媛の柑橘産業の継承を目指す〈10FACTORY〉。

今治タオル取扱店の〈伊織〉は国内外に25店舗を展開。

〈丸水〉では愛媛の郷土料理・宇和島鯛めしを提供する。

地域資源を次世代につなぐ

今治タオル取扱店の〈伊織〉を中核に、愛媛産の柑橘加工品を扱う〈10FACTORY〉など、地域資源を活かしたブランドを展開するエイトワンホールディングス。

代表の村上雄二さんは、「タオルもみかんも郷土料理も、後継者不足で継続が難しい状態にあります。地域の素晴らしい産業や資源にもう一度光を当て、新しい息吹を与えることで次世代に継承していきたいという思いで、ひとつずつ地域ブランドを掘り起こしてきました」と話す。

起業前は東京で働いていた村上さん...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

地域ブランドの理想は、尖っていること(この記事です)
自身の子育て経験から生まれた商品とコミュニティ事業
ジャンクな和食のヴィーガン料理で日本の食文化をアピールする
アウトドアで気軽に楽しめる漆器ブランド「NODATE」
拍手で世界中の人とコミュニケーションするロボット「ビッグクラッピー」
地域の100の課題から100のビジネスを創出する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る