IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

ファンに愛されるブランドの実験的なものづくり

寺島愛子

東京都現代美術館で開催された「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」より。

  • 撮影/吉次史成

ミナ ペルホネン(以下、ミナ)を知ったのは、今から10年以上前。キリンビバレッジに入社してからだったと思います。服のデザインはもちろん、丁寧につくられていることが伝わってくるテキスタイルに惹かれ、展覧会に行ったり本を読んだりするようになりました。生産者に対する眼差しや、ものづくりやファッションへの揺るぎない信念など、皆川さんの考えを知れば知るほど、ファン度が増していきました。

2019年11月から2020年2月まで東京都現代美術館で開催された「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展は、前売りチケットを購入したほど、待ち望んでいました。率直な感想は、「すごかった」のひと言。ファッションの領域を超えた展覧会で、何時間でもいられるほど、どの展示も面白かった。

特に感動したのは、お客さんが着ているミナの服と、その服にまつわるお客さん自身のエピソードを展示していたコーナーです。ミナの服がお客さんの歴史の一部になっていて、皆川さんがおっしゃっている「特別な日常服」になっていることが分かりました、それは、愛着を持って着続けているからこそ。ファンとブランドの絆が感じられる展示で、胸が熱くなりました。

展示を見て、皆川さんはさまざまな実験をしながらデザインされていることも分かりました。例えば...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

ファンに愛されるブランドの実験的なものづくり(この記事です)
パロディ紋のデザインから学んだ かたちに対する感覚
デザインとは、レイアウト、トリミング、そしてネーミング
本質から普遍性を見いだす少し足りないデザイン
未来を形にするデザインの力

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る