IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告企画

第34回全日本DM大賞入賞作品決定

日本郵便が主催する第34回全日本DM大賞の入賞作品が決定した。ここでは、その中からグランプリ、金賞、銀賞、日本郵便特別賞に選出された作品の一部を紹介する。

グランプリ

東京個別指導学院

親子の会話で絆を深める『受験生の母子手帳DM』

通塾している受験生の保護者を対象にしたこのDMは、入塾に対する満足度を高め、子どもの友人や兄弟を「紹介」してもらうことが目的。受験生だけでなく「受験生を支える保護者の力になりたい」という塾の姿勢をDMで示した。入塾後、担当の先生や学習カリキュラムが決まり、勉強をスタートするタイミングは、子どもの意欲が高まるだけでなく、紹介も発生しやすいことから、DMの発送時期は、子どもが入塾してから3カ月以内とした。

受験生活を迎えるにあたり「どのように子どもと接したらいいのかわからない」と不安を抱くことが多い保護者に対し送付したのは、「母子手帳」を模した冊子型のDM。中を開くと、子どもの得意科目、趣味・特技、最近がんばっていること、長所などを書き込めるようになっている。子どもが誕生してから小学生くらいまでは、親密なコミュニケーションが取れるものの、受験期になると親子関係は難しくなりがち。「受験生の母子手帳」への記入を通して、親が子どものことを冷静に見つめることができるようにした。

同冊子では、受験期の親子のコミュニケーションにおける大切なポイントを解説し、「ほめる・認める」ためのコツなどを掲載。また「長い受験生活において親子関係がうまくいかないときは、信頼できる第三者をうまく使いましょう」というメッセージを記載し、東京個別指導学院も頼れる「第三者」であることを伝えた。

母と子の絆や愛情を象徴する「母子手帳」をモチーフにしたDMにしたことで、勉強面の指導だけでなく、通塾生の成長や家庭への支援を大切に考えている塾の姿勢がきちんと伝わり、紹介への大きな動機付けとなった。入塾度の高い紹介が発生したことで、入塾率は通常の施策に比べおよそ2倍に。一方で、コストは通常時の約3割で済んだ。

審査委員長を務めた恩藏直人教授(早稲田大学商学学術院)は、「母子の絆を連想させる『母子手帳』を取り上げた、受験生を持つ家族に寄り添ったDM」と評価した。

  • 広告主/東京個別指導学院
  • 制作者/フュージョン

金賞

アウディ ジャパン

毎年進化する「型破り」なAudi正月DM

AudiのSUV「Audi Q2」と日本的な「新年の初売」を訴求するDM。各店顧客を対象に、販売店への集客の最大化を図ったDM外箱は透明で、中に入った真っ赤な屏風と木槌が見える。木槌を持って販売店へ行くと、鏡割りが体験でき、Audi特製オリジナルの「かるた」「ゲーム」「飴」などのグッズがもらえる。クリエイティブに込めた"驚きとメッセージ"が来店動機を誘発し、来場数、販売台数ともに目標を大きく上回った。

  • 広告主/アウディ ジャパン
  • 制作者/電通デジタル

銀賞/審査委員特別賞 クリエイティブ部門

アンティー・グループ

フライング年賀状

社内の会議もオンラインとデジタル化が進んでいる同社では、「アナログな年賀状を送るべきか?」というところから始まり、楽しく捨ててもらえる年賀状を目指した。そこで、紙飛行機を作ってもらいゴミ箱へフライング、さらに年末に送ることでフライングと二つのフライングをかけて印象づけた。結果、年賀状が届いたことや年末の挨拶の連絡が相次ぎ、顧客とのコミュニケーションを増やすことに成功した。

  • 広告主/アンティー・グループ
  • 制作者/アンティー・ファクトリー

日本郵便特別賞 エンゲージメント部門

土屋鞄製造所

小学校の最初の1年、よく頑張りましたDM

同社のランドセルでもうすぐ1年生を終える子どもたちへ労いの言葉と「たいへんよくできましたメダル」を送付。これからランドセル選びをする母親に、先輩ママから、同社製品の良さを口コミで伝えてもらうという作戦の一環。SNSで話題になり、子どもからもお礼の手紙が届いた。

  • 広告主/土屋鞄製造所
  • 制作者/土屋鞄製造所

「全日本DM大賞」とは?

日本郵便が主催する「全日本DM大賞」は、日本で最も優れたダイレクトメールを表彰するアワード。その入賞作品が、3月6日に発表となった。本年度は705点の応募が集まり、DMやマーケティングの専門家による厳正な審査を経て、30作品が受賞となった。いずれも戦略性、クリエイティブ、実施効果といった点で秀でた受賞作品が揃った。

【事例で学ぶ】成功するDMの極意 全日本DM大賞年鑑2020

本年度の全日本DM大賞に関する詳しい内容は、『【事例で学ぶ】成功するDMの極意 全日本DM大賞年鑑2020』に掲載されている。本書では、優れた成果を上げたDM50事例を分析し、戦略・クリエイティブ・効果を読み解く。飲食店からIT企業まで、幅広い業種の成功事例を網羅し、DM制作の実践に役立つ1冊。

判型:A4判
頁数:96ページ
発売:4月1日(予定)
ISBN 978-4-88335-494-8

広告企画 の記事一覧

第34回全日本DM大賞入賞作品決定(この記事です)
企業に寄り添いながら、クリエイティブの力で未来を一緒に考えていく
企業と一緒に映像で化学反応を起こす
「難解さ」に燃える コンテンツメイク コンサル集団
クライアントよりもクライアントのことを理解して一歩先の提案をする
領域を横断し、新たなクリエイティブを提案する
「人」を活かす社内改革でクリエイティブの可能性を広げる
「探す」をテーマに秀作がそろい踏み 第2回TYO学生ムービーアワード受賞作品発表
学生の創造力をプロがライトアップへ昇華 横浜市の新たな産学連携の形
テクノロジーで健康の悩みや問題を解決する
地元の建設会社と町外の建築家でつくる新たな移住拠点
社会のインフラにつながる課題の発見と製品・技術開発

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る