IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

REPORT

広告界の働き方改革はどこまで進んでいるのか?

クリエイターの働き方改革 300人調査

ブレーンでは、広告界の働き方改革の現状についてアンケートを実施しました。果たして改革は進んでいるのか。332人の回答から見えてきた課題とは?

進んでいると「思う」「どちらかといえば思う」を合わせると62%。
過半数の人が、働き方改革が進んでいると思う一方で、「思わない」「どちらかといえば思わない」の回答が40%弱。広告界の働き方改革はクライアントによるところも大きく、つくり手だけの問題ではないという声もある。

1日の平均労働時間は、9時間以上が65.3%
厚生労働省の毎月勤労統計調査(令和元年12月分)の結果速報から算出される、一般労働者の1日の平均労働時間は8.36時間。それと比べると、13時間以上が7.2%もいるという現状 …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

パワーサラダのキャッチフレーズを書こう!
広告界の働き方改革を推進する注目の取り組み
広告界の働き方改革はどこまで進んでいるのか?(この記事です)
もっと自由に表現するために壊す勇気を持つ
ARS ELECTRONICA FESTIVAL2019 から何を学ぶことができるか
ジョン・マエダが語るコンピュテーショナルデザインの可能性
ブランド価値を最大化する 社内のクリエイティブ組織

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る