IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

小学生が反応しなければ社会も反応しない

芦川立身(TIS)



街を歩いていると、千葉雄大さん演じるビジネスパーソンが魔法のランプを発見。ランプをこすると出てきたのは、「ITで社会の願いを叶えるTISインテックグループだよ」と連呼するばかりで、耳を貸さない魔人(古田新太さん)。ふたりの押し問答に決着はつくのか──。そんなくすっと笑えるテレビCMを放映しているのは、総合ITサービス企業のTISインテックグループだ。

一昨年からブランド戦略の議論を始めていた同グループ。その中でグループ名の認知が低いという課題が浮かび上がってきた。より多くのビジネスパーソンに、仕事のパートナーや転職先の候補に挙げてほしい …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術の記事一覧

心に残ったプレゼン術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る