IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

2019年最後に笑わせてくれたのは…?

サントリースピリッツ/-196℃ストロングゼロ
新聞広告

茂庭竜太、明円卓と初めての仕事。茂庭はバカっぽいのが得意なナイスガイと見せかけてたくさん考えるし繊細さも併せ持ち理知的な面も。明円は理論派のナイスガイと見せかけてちゃんと受け手への想像力に裏打ちされたユーモアのセンスもある。要は二人ともイイ。途中から矢部翔太が合流。見事なデザインとギリギリ入校の土壇場で見せた底力はさすがの力量。打ち上げでクライアントの前で号泣と下ネタを交互に展開するのヤメレ面白すぎるので。
(ゴンパ クリエイティブディレクター 権八成裕)

  • 企画制作/ゴンパ+電通+たき工房
  • CD+企画/権八成裕
  • 企画+C/茂庭竜太、明円卓
  • AD/矢部翔太
  • D/鈴木沙織

UP TO WORKS の記事一覧

湖池屋が2020年の新たな挑戦を新聞で宣言
神様も元気でなければ、長生きできない?
創業からのDNAを「少年マガジン」のテイストで表現
サッポロビールの新たなカイタク魂
2019年最後に笑わせてくれたのは…?(この記事です)
AI時代を生きる子どもたちへのメッセージ
これからの女性たちにとっての「美しいからだ」を考える
山折り、谷折りすると見えてくるものとは?
過去から現在そして未来へと向かうKUBOTA
未来を見据えた車窓
創造で、想像を超える。
企業としての意思と覚悟がつまった「はじまりの歌」
希望を語るブランドへと進化したKANEBO
87歳現役モデルが出演、サンスターの企業CM
宝島社が2020年に発信した3つのメッセージ
「さ、ひっくり返そう。」に込めた決意表明
ソフトバンクの「恋人」がサンタクロース?
絵画のようなスポーツ写真を目指した「Sports are Beautiful」
最新アウターの広告に登場したのは?
あの「アフレコCM」が復活
リラックスと緊張のバランスが極まった羽生選手の表情
受験生を「知のアスリート」として描く
自動販売機の周りにある「小さな幸せ」の瞬間
100年にわたる想いをのせた相鉄のブランドムービー
Twitter上で100万以上のインプレッションを得た新聞広告
大野智、圧巻の「ものぐさな演技」を披露

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る