IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

「海なしコンプレックス」を変換 創刊5万号記念広告

山梨県/ 『山梨日日新聞』

2019年12月7日付の『山梨日日新聞』に出稿された「海なし県から、海へ感謝を。」

1872年7月1日に創刊した『山梨日日新聞』は2019年12月3日、創刊5万号をむかえた。それを記念して12月7日付の同紙に掲載されたのがこの広告だ。「堂々と海を愛する、海なし県へ。」「海なし県じゃ、なくなる日。」「海なし県のマグロ信仰。」と、内陸県の山梨を「海なし」とあえて言い換えたコピーは、どのようにしてできたのだろうか。「県民数あたりのすし屋の数が日本ーだったり、マグロやアサリの消費量が非常に多かったり。山梨県の方々の海へのあこがれは強い。つまり、どこの県よりも海を愛せるポテンシャルがあるのでは、と考えました」と話すのは電通のコピーライター渡邊千佳さんだ。

そんな「海なしコンプレックス」をポジティブなものに変換すべく用いられたのが、「海なし県」という言葉。「私も山梨県出身なのですが、県民にとっては、耳にタコができるほど馴染みのある言葉です …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

「海なしコンプレックス」を変換 創刊5万号記念広告(この記事です)
地方紙3紙が合同ではじめる防災知見の輸出
西部ガスが「ガスで作った最高に美味いポテトチップス」を発表
「微熱」を感じられる写真で「等身大の女子校」を発信
『不気味』な「麗子微笑」を描いたCM
町民が自ら町の魅力を発信するためのツールをつくる
創業380年の和菓子店が『エナジースイーツ』を販売
石屋製菓と吉本興業の『ゆきどけ』 を伝える新商品
「しまくとぅば」の魅力を伝える新しい広告枠の開発
3つの美を楽しめる 女心くすぐるプロモーション
メロンの新しい食べ方提案で、鉾田市をPR
大学のあるあるネタ満載のミュージックビデオ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る