IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

空間がつくり出す 新しい「体験」型コンテンツ

なにげない日常のなかの「ちいさな観光地」をつくる

なんとかプレッソ2

2019年、東京・渋谷のスクランブルスクエアの一角にオープンしたテイクアウト&カフェ「なんとかプレッソ2」。実はこのお店、1日の時間帯の中で、ショップの空間もブランドも販売する商品もガラリと変わる。そんなユニークなお店を企画したのが、「パンとエスプレッソと」のブランディングを手掛けてきたコピーライター 石井ツヨシさんだ。

渋谷スクランブルスクエア2階にオープンした「なんとかプレッソ2」。1日のうちに4つのブランドが展開される。ロゴと照明、壁面がそれぞれのブランドの色に変わる。布製のロゴは使っていない時、右側の壁面に丸めて置かれている。

1日のうちに4つのブランドに変わる店

「なんとかプレッソ2」を、企画、運営するのは「株式会社じそく1じかん」。石井ツヨシさんが友人の会計士である服部峻介さんとつくった会社だ。「なんとかプレッソ2」は自由が丘の「なんとかプレッソ」「パンとエスプレッソと自由形」に続いて、同社にとって3店舗目となる。そのコンセプトは、「時代より早く変化する」ことだ。「現代の時間の進みかたに対して「早いお店」=変わるお店と「遅いお店」=変わらないお店という2つの視点からアプローチしました」。

そのテイクアウトスペースでは現在、パンとパンツのお店「ぱんつくった」、肉を使わないホットドッグ「ニクヨーカー」、飲むスイーツ「へのへのこーひー」、明日の朝のパン専門店「パンも飛べるはず」という4つのブランドを展開。朝から夜までの時間の中で、ある時間になるとブランドのロゴを掲げた看板、カウンター後ろの壁や照明の色が変わる。そしてお店が変わって、それまでとは違う商品が店頭に並ぶ。

「お店の仕組みはあえてアナログに。壁に仕掛けられた引き戸を開けると、そこに仕込まれた7色のうち1色が見えるようになっています。また、看板はロゴの入った布を掛け替えるだけ。イメージしたのは舞台芸術における場面転換。店の什器を大きく動かしたりするのではなく、スイッチをオン、オフするくらいの簡単さで切り替えられます」。現在は4ブランドで展開しているが、将来7ブランドまで増やすことができる …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

空間がつくり出す 新しい「体験」型コンテンツの記事一覧

空間がつくり出す 新しい「体験」型コンテンツの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る