IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告企画

子どもから大人まで行きたくなる遊べる空港

「FLIGHT OF DREAMS」中部国際空港

空港を目的地の1つにする

セントレアの愛称で知られる中部国際空港が、2018年10月に「FLIGHT OF DREAMS」を開業した。航空機産業や航空業界について楽しく学べる体験型コンテンツエリア「フライトパーク」と、ボーイング創業の街シアトルがコンセプトのレストラン&ショッピングエリア「シアトルテラス」から成る、老若男女楽しめる施設だ。空港を移動や旅行の単なる通過点ではなく、目的地の1つ、観光やビジネスの拠点にすることを目指している。

フライトパークには、ボーイング787初号機(ZA001)の実機を展示。約35%の部品が中部地域で製造されていることを背景に、ボーイングから寄贈された。高さ約1.7mの台座に飛行機を固定し、来場者の頭上に大胆に配置し、今まで見たことのない景色と建物との調和を生み出している。また、チームラボがプロデュースした、787実機と館内をダイナミックに使用した映像と音のショーや、デジタルテクノロジーによる「航空機の製造」「航空業界での仕事」の体験など、9つのコンテンツも楽しめる。

交通の要である空港に位置する利便性の高さが強みのFLIGHT OF DREAMS。全国各地から同施設を目的にセントレアを訪れる人も多く、オープン以来1年間で、来場者数は160万人を突破している。

映像と音のショー「Fly with 787 Dreamliner」。

紙に描いた飛行機が飛び回り、タブレットで自ら操縦できる「お絵かきヒコーキ」。

航空会社の仕事を体験できる「エアラインスタジオ」。

    審査員講評

    空港の屋内に実物の巨大な旅客機を持ち込み、最先端テクノロジーを駆使することで、誰もが楽しめるエンターテインメント空間へと昇華させるという、これまでにない大胆なアイデアを高く評価しました。目的地に向かうための通過地点だった場所に、航空機産業についての「学び」と「娯楽」という新たな体験を生み出すことにも成功しています。

    アートディレクター/Hotchkiss 代表取締役社長
    水口克夫(みずぐち・かつお)

広告企画 の記事一覧

「探す」をテーマに秀作がそろい踏み 第2回TYO学生ムービーアワード受賞作品発表
学生の創造力をプロがライトアップへ昇華 横浜市の新たな産学連携の形
テクノロジーで健康の悩みや問題を解決する
地元の建設会社と町外の建築家でつくる新たな移住拠点
社会のインフラにつながる課題の発見と製品・技術開発
子どもから大人まで行きたくなる遊べる空港(この記事です)
製品だけではなく、会社のこれからの姿もデザインしていく
ユースカルチャーをバックボーンに戦略から制作までワンストップで展開
これまでにない「体験」を世の中にプロトタイピングする
いつでも走り出せる瞬発力で領域を超えて冒険をする
時代の空気感を捉え、ブランドが最も光る瞬間を切り取り表現する
映像制作会社の進化を担う新鋭プロデューサーの創造力
クライアントの目的に対して 本当に効果のある映像を追求
ピンクリボンデザイン大賞受賞作品発表
デジタルと対立するのではなくマルチパーパス&データドリブンで紙の新たな可能性を切り拓く
AOI Pro. と永井聡監督が立ち上げたクリエイターのためのコミュニティスペース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る