IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインプロジェクトの現在

ユニクロのクリエイティブのありようを発信していく

ユニクロ『LifeWear magazine』

2019年8月、ユニクロ(ファーストリテイリング)が『LifeWear magazine』というフリーマガジンを創刊した。良質で盛りだくさんな作りで、企業としての意気込みが伝わってくる。ファーストリテイリングの役員としてクリエイティブディレクターを務める木下孝浩さんの話を聞いた。

『LifeWear magazine』発刊時に、東京・ユニクロ銀座店にスペシャルフロアを期間限定で設けた。25周年を迎えたフリースの歴史を辿るコーナー、『LifeWear magazine』のコンテンツを体現したブースなどを展開した。

有明に居を構えたオフィスの心地よさ

訪ねたのは有明にあるユニクロのオフィス。倉庫の上にあると耳にしてはいたのだが、周囲は大きな道路と広大な倉庫が並んでいて少し寂しい雰囲気。ここでいいのだろうかと訝りながら入ったのだが、エレベーターに乗ってオフィスに足を踏み入れると、がらりと世界が切り替わる。

天井の高さを活かし、ゆったりした空間が開けているのだ。ここ数年、働きやすさに配慮したオフィスが増えていて、カフェがあったり広場的な解放スペースがあったり、さまざまな工夫が施されている。説明を聞いて「なるほど」とは思うものの、即座に心地良さが伝わってくるところは、そう多くないと感じてきた。が、ここはちょっと違う。贅を尽くしたラグジュアリーではない上質さ、奇を衒った遊びが排された機能性、細かいところまで行き届いた丁寧さといったものが、五感を通して伝わってくる。

かと言って、新興のベンチャー企業に漂いがちな「とにかくフリー」な空気とも異なる。良い意味でピリリとした緊張感が漂っている。新興企業からトップへ上り詰めてきた製造業の真面目さが、社風のひとつとして定着しているのだろう …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインプロジェクトの現在の記事一覧

デザインプロジェクトの現在の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る