IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告企画

ピンクリボンデザイン大賞受賞作品発表

クリエイティブの力で乳がん検診の重要性を伝える「ピンクリボンデザイン大賞」。世の中の女性に自分ごと化を促すアイデアが集まり、各賞の受賞作品が発表された。

ポスター部門 グランプリ

奥村 寛さん

コピー部門 グランプリ

勇気ではない。常識だ。

山田大輝さん

ポスターA部門 優秀作品

大石知足さん

中澤洋大さん

ポスターB部門 優秀作品

貝渕充良さん

郡山秀太さん

コピー部門 優秀作品

医療は進んでいるのに、
私たちが立ち止まっている。

春木美勇さん

治る確率を変える。

貝渕充良さん

ポスターA部門 入選作品

光田直之さん

對馬由佳さん

ポスターB部門 入選作品

橋口麻美さん

日下千瑛さん

コピー部門 入選作品

私は行くよ、
助かりたいから。

本田直之さん

検診に行っていない人は、
全員「がんかもしれない人」です。

笠間 悠さん

意志あるコピーが増加

今年で、15回目を迎えたピンクリボンデザイン大賞。本年度のポスター部門は、第14回コピー部門入賞作品である石井雅規さん「検診に行ったと、自慢してください。」を使用した受診を促すA部門、そして「はじめる」という言葉からヒントを得た、受診を促すB部門がポスターデザインのテーマ。

そして乳がんの正しい知識や早期発見の大切さを伝え、受診を促すキャッチフレーズおよびボディコピーを募集するコピー部門の3部門で作品を募集。ポスター部門919点(デザインA部門523点、同B部門396点)、コピー部門1万7886点、計1万8805点の応募の中から、ポスター部門、コピー部門のグランプリ各1点、各部門優秀賞計6点、各部門入選計6点が選ばれた。

グランプリに選ばれたのは、奥村寛さんによるポスターデザインと山田大輝さんの「勇気ではない。常識だ。」というキャッチフレーズだ。審査委員からは、「これまでは乳がん検診というものがどこか他力本願だったり、周りの人たちに支えてもらうという発想のコピーが多かったけれど、今年は自らの意志や勇気を感じさせられる作品が多かった。乳がん検診の広がりと共に、意識の変化を感じられる年だった」と話している。

  • 特別協賛/キリンビバレッジ、富国生命保険
  • 主催/ピンクリボンフェスティバル運営委員会
  • 後援/厚生労働省、日本医師会、日本看護協会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本癌治療学会、東京都
  • 支援/Pink Ring
  • 審査員/中村 禎(審査委員長)、内田喜基、国井美果、田中千絵、中村聖子、三井明子

広告企画 の記事一覧

ピンクリボンデザイン大賞受賞作品発表(この記事です)
デジタルと対立するのではなくマルチパーパス&データドリブンで紙の新たな可能性を切り拓く
AOI Pro. と永井聡監督が立ち上げたクリエイターのためのコミュニティスペース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る