IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

新潮文庫の100冊から選ばれた「悩みの1行」

新潮社/新潮文庫の100冊
「悩みの1行」

日本の夏の風物詩(であってほしい)「新潮文庫の100冊」の幕開けとなる15段。昨年はタイトル全てを紡いだボディコピーで多くの反響を呼んだ。今年はさらに一歩ふみ込んで、100冊から「悩みの1行」を抽出。悩める現代人(僕含む)にエールを。ちょっと去年よりトッつき難いかなぁとちょっぴりドキドキでしたが、反響は上々。昨年同様の「わかった」「わからない」の答え合わせにとどまらず、コピーへの共感コメントを多数いただきました。さて、来年どうしましょうかねぇ。。
(博報堂 クリエイティブディレクター/コピーライター 吉岡丈晴)

  • 企画制作/博報堂+アドソルト
  • CD+C/吉岡丈晴
  • AD+I/柿﨑裕生
  • C/今井容子
  • D/長川吾一
  • AE/綿井浩介、宮谷観

UP TO WORKS の記事一覧

新潮文庫の100冊から選ばれた「悩みの1行」(この記事です)
香取ファミ平が「ファミペイ」をPR
「電気代にうる星やつら」で深田ラムちゃん登場
真剣に商品に向かい合わなくてはいけない新聞広告
こんな世の中に対するWACKからのメッセージ
大坂なおみがアネッサを選んだ理由
企業メッセージを「夏のお便り」として届ける
「あの人たちの会話を聞いてみたい」という思いが形になったCM
『天気の子』とコラボしたSoftBank music project
白戸家のお父さん、「天気の子」に出演!?
シーフードヌードルが、新海誠監督の名前の中に発見したものは?
「天気の子」、サントリー天然水とコラボレーション
寅さんに、お帰りといえる日本でありたい
髪に関する「校則」について考える
大阪・心斎橋の駅をカラフルに彩った「傘」
日本犬、セツ子、ウギョ~が揃うと?
アーティストAIがマジで困ったこととは?
ファミチキ先輩が家族をお披露目
人生のハーフタイムに考えること
麦わらの一味の「アオハル」、始まる
砂浜に作られた縦50m×横35mの巨大な新聞
魂の叫びとダンスー汗は君のために流れる。
戸建てを夢見る小学生

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る