IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

平成30年間をラジオCMで振り返る

鹿児島県/さつま無双「どの毎日にも、焼酎がいた」

「どの毎日にも、焼酎がいた。平成元年」篇

♪BGM~

男性:平成最後の1ヶ月。4月の30日間で、
平成の30年間を1年ずつ思い出す、60秒。

今日4月1日は、平成元年。

昭和の歌姫が亡くなり、
本当に昭和が終わったねと、
大人たちがみな つぶやいていた。

ぼくのじいちゃんは、あの歌姫の大ファンで、
お湯割を飲みながら、いつも歌っていたのを思い出す。

「じいちゃん、下手くそ!」って笑うと、
「おまえに大人の恋心は分からんじゃろ」って
逆に笑われた。

芋の匂いが漂った畳の部屋。
それがぼくにとっての平成元年。

NA:どの毎日にも、焼酎がいた。
あたらしい時代にも。
さつま無双

「どの毎日にも、焼酎がいた。平成30年」篇

♪BGM~

男性:平成最後の1ヶ月。4月の30日間で、
平成の30年間を1年ずつ思い出す、60秒。

最終日、今日4月30日は、平成30年。

平成のヒットソングとか、流行とか。
日本中が一斉に平成を振り返り始めた。

あの頃を思い出したくなるのは、
かつてそこに、愛があったからなんだろうなぁ。

平成11,070日分の愛を、力にかえて。

ゆこう。

30秒後、0時ちょうどがその合図。

全員:乾杯!

NA:どの毎日にも、焼酎がいた。
あたらしい時代、令和にも。
さつま無双

平成最後となる4月の30日間で …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

平成30年間をラジオCMで振り返る(この記事です)
スポーツ「まくら投げ」を世界に
平成最後の日に北國新聞が映画風広告を掲載
和牛の2人がデュエットで伝える愛媛の魅力
鉄道会社がジグソーパズルで受験生を応援
女子高生の恋を通して描く企業メッセージ
地元高校の男子新体操部員が、華麗な「西郷どん」ダンスを披露
日野市職員に配られた「マル秘」職員手帳とは?
『映える』観光資源を詰め込んだコミュニケーション
地元バンドを起用し若年層に新聞をPR
滋賀から京都を『挑発』するポスター

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る