IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

スポーツ「まくら投げ」を世界に

静岡県/伊東市「まくらで、戦え。」

まくら投げ大会メインのビジュアル。 (まくら投げin伊東市.com)

「まくらで、戦え。」というキャッチフレーズに黄色の枕を持った新体操団体元日本代表の畠山愛理さん。これは誰もが知っているまくら投げに明確なルールを設けたスポーツ「まくら投げ大会」のメインビジュアルだ。伊東市は2013年からまくら投げ大会を始め、いまや600名近くの参加者が集う大会にまで成長している。

「今回の企画のオリエンテーションは、もともと伊東市のPR、若者がもっと訪れたくなる街にしてほしいというものでした。伊東市は熱海や伊豆に近く観光客も多い土地ですが、ここを目的地とする人は少ないという課題がありました。アイデアを練る中で、伊東市発祥の「まくら投げ大会」の存在を知り、これにフォーカスすることを決めました」とFACT エグゼクティブクリエイティブディレクター 三寺雅人さんは話す。

「まくらで、戦え。」のコピーは、若者にも関心を持ってもらえるように、「派手さ」「スポーティーさ」を意識した結果 …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

平成30年間をラジオCMで振り返る
スポーツ「まくら投げ」を世界に(この記事です)
平成最後の日に北國新聞が映画風広告を掲載
和牛の2人がデュエットで伝える愛媛の魅力
鉄道会社がジグソーパズルで受験生を応援
女子高生の恋を通して描く企業メッセージ
地元高校の男子新体操部員が、華麗な「西郷どん」ダンスを披露
日野市職員に配られた「マル秘」職員手帳とは?
『映える』観光資源を詰め込んだコミュニケーション
地元バンドを起用し若年層に新聞をPR
滋賀から京都を『挑発』するポスター

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る