IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

DIRECTOR'S WORKS

「ジュースが顔にかかった男性」が話題となったスポティファイのCM

スポティファイ #音楽さえあればいい 「飛行機」篇

気になるあのCMの演出について、ディレクターにインタビュー。今月取り上げるのは、飛行機の中でジュースを顔いっぱいに受けた男性が話題のスポティファイのCMだ。

大野監督が描いた演出コンテ

不測の事態をウイットのあるトーンで描く

飛行機の機内で、ジュースを飲み始める男性。その時、隣に座った女性が誤って男性のリクライニングシートを倒してしまう。男性の顔に思い切りジュースがかかり、焦る女性。ところが、男性は何事もなかったかのようにヘッドホンを着けて音楽を聴きながら、微笑みを浮かべる。

こんな不測の事態を描き、話題になったのは、スポティファイのCMだ。「一連のシーンを1カットで撮影するという企画で、演出面で加えるべきところはほとんどありませんでした。ギャグのCMはほぼ手がけたことがない僕に依頼されたということは、笑わせるだけの日本的なギャグではなく、どこかウィットに富んだトーンや音楽ファンが反応するシュールな要素を求めているのかなと思いました」と、演出を手がけた大野大樹監督 …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

DIRECTOR'S WORKS の記事一覧

「ジュースが顔にかかった男性」が話題となったスポティファイのCM(この記事です)
500本の印鑑を使って制作されたアニメーション動画ーWILDAID「Hankograph」ムービー制作の裏側
なぜ、男はガラスの壁に囲まれているのか?──BB ソフトサービス「詐欺ウォール(TM)」のCM制作の裏側
小劇場の舞台を使ってライブ感を演出したラクスルのCM
カラーライトが彩るふせんの壁─NTT東日本CM制作の裏側
モックアップが生み出す物質感─明治ミルクチョコレートCM制作の裏側
ブレーンTopへ戻る