IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

DIRECTOR'S WORKS

「ジュースが顔にかかった男性」が話題となったスポティファイのCM

スポティファイ #音楽さえあればいい 「飛行機」篇

気になるあのCMの演出について、ディレクターにインタビュー。今月取り上げるのは、飛行機の中でジュースを顔いっぱいに受けた男性が話題のスポティファイのCMだ。

大野監督が描いた演出コンテ

不測の事態をウイットのあるトーンで描く

飛行機の機内で、ジュースを飲み始める男性。その時、隣に座った女性が誤って男性のリクライニングシートを倒してしまう。男性の顔に思い切りジュースがかかり、焦る女性。ところが、男性は何事もなかったかのようにヘッドホンを着けて音楽を聴きながら、微笑みを浮かべる。

こんな不測の事態を描き、話題になったのは、スポティファイのCMだ。「一連のシーンを1カットで撮影するという企画で、演出面で加えるべきところはほとんどありませんでした。ギャグのCMはほぼ手がけたことがない僕に依頼されたということは、笑わせるだけの日本的なギャグではなく、どこかウィットに富んだトーンや音楽ファンが反応するシュールな要素を求めているのかなと思いました」と、演出を手がけた大野大樹監督 …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

DIRECTOR'S WORKSの記事一覧

DIRECTOR'S WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る