IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

平成から令和にかけて時代をまたいだ新聞広告

静岡新聞SBS/企業広告「超介さん」
新聞広告

4月29、30、5月1日と3日間にわたり新聞広告を展開。繋げると完成する、平成から令和にかけて時代をまたぐ原稿である。龍虎の絵柄は勇猛果敢に令和を生きてほしいという願いが込められている。新しい時代が僕らを変えてくれるのではなく、ひとりひとりがこれまでの自分を超えたとき時代は本当に変わる!はず。静岡新聞SBSはこれからも超える人を応援し続ける。3日間この広告に付き合ってくれた静岡の皆さんに感謝。
(電通 アートディレクター 窪田新)

  • 企画制作/電通+J.C.スパーク
  • CD/澤本嘉光
  • AD/窪田新
  • C/上田浩和
  • D/北中陽、片塰いずみ、柴田胡桃
  • PR/有光孝文
  • I/山根 Yuriko 茂樹
  • AE/井口彰人
  • 製版+印刷/日庄

UP TO WORKS の記事一覧

魂の叫びとダンスー汗は君のために流れる。
戸建てを夢見る小学生
ため息の少し先にある「おとなは、ながい」
スイマーの泳ぎを、水しぶきの表情で見せる
フリスクの新メッセージは「ONE FRISK, ONE STEP.」
緑の芝の五線譜から聞こえてくる音楽
ファミマのフラッペ、どう作る?
令和元年を迎える瞬間を、R-1のコミュニケーションに
歴史が変わる瞬間に立ち会ってきたセイコーならではの広告
新しい時代に込めた願い
天保年間にルーツを持つ緑茶だからこそ発信できるメッセージ
堂々と、正面から、令和をお祝い
万葉集からインスピレーションをうけた令和初の広告
平成から令和にかけて時代をまたいだ新聞広告(この記事です)
「ヒソヒソ姉妹」が見た広告コンクール
『闇金ウシジマくん』で、世界初のデコトラ広告
未来へのメッセージを込めた「FUTURE LINE」
新宿で力士絵になった「バキ道」
心を読めるブックオフの心くん
BOSSから生まれたTEAのキャッチコピーは「ティーっス!」
時空を超えてマンモスと会話をする、マツコマンモス
「考える人に食べて欲しい」カロリーメイトの広告
春が飛び出す瞬間をタイムカプセルで表現
服という商品をめぐる今の時代の問題意識をメッセージ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る