IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

WORKERS

社員も訪問者も居心地のよい場所─Takramのオフィス

Takram

3階のレセプションスペース。床と壁には同じ木を使用、机や椅子の家具は黒で統一している。

デザイン・イノベーション・ファームTakramは、表参道のケヤキ並木に面したビルに今年1月スタジオを移転した。以前のスタジオと同様、デザイン設計事務所のDAIKEI MILLSと社員のプロジェクトメンバーでデザイン。同社の緒方壽人さんは、「以前も表参道が拠点でしたが、人数が増え、スタジオが2カ所に分かれていました。そこで、全機能を1カ所にまとめられる場所を探していました」と話す。

新スタジオは3階から5階の3フロア、用途別にフロアを分け、業務がスムーズに進む工夫がされている。3階は、クライアントとの打ち合わせ用の会議室フロアだ。会議室ごとに椅子の高さが異なり、目線の高さが変わるため、部屋の移動で気分転換ができる。また、空間の広がりを感じてもらうために、必ず立ち寄るレセプションエリアは、シンプルでゆとりのあるデザイン。4階のフリーアドレスのフロアでは、進行中のプロジェクトを制作する …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

WORKERS の記事一覧

社員も訪問者も居心地のよい場所─Takramのオフィス(この記事です)
オアシスに潜む革命軍の秘密基地─The Breakthrough Company GO
街とつながりながら共に成長していくオフィス
土地柄に合わせて洗練した空間─kazeproのオフィス
次々にコラボが生まれる場─monopoのオフィス
「体験と学びの場」が増床のコンセプトーフラクタのオフィス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る