IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

仲條正義、佐藤直樹、JAGDA新人賞展ほか、注目の展覧会

すでに美しいとされるものは信じてはいけない

DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展VIII:蔵出し 仲條正義

日本のグラフィックデザイン界において独特の光を放つ存在、仲條正義の個展がCCGAで開催される。

資生堂の『花椿』のアートディレクションや、資生堂パーラーのロゴ・パッケージで広く知られる仲條の作品は、ただの「モノ」を超えたある種の力場が内包されているようだ。それは、仲條自身が「円、方形、直線、すでに美しいとされるものは信じてはいけない」と述べる通り、既存の価値観を妄信せず、他者や自分自身にすら疑問を持ち、矛盾や他者からの誤解を恐れないで新しい表現を追求し続ける姿勢から生まれるものではないか。作品の持つ「力」は、今なお若いクリエイターたちをも惹きつけてやまない。

《スタジオ》1973年

「仲條正義◯◯◯展」(出品作品)1997年

《仲條服部八丁目心中「髑髏」》2008年

《Mother & Others》2017年

DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展VIII:蔵出し 仲條正義
6月15日~9月8日 CCGA現代グラフィックアートセンター
10時~17時(入館は16時45分まで)
休館:月曜(7/15、8/12は開館)、7/16、8/13
入館料:一般300円、学生200円、小学生以下・65才以上は無料
◆お問い合わせ→ 0248-79-4811 CCGA

絵画からデザインへ、そしてデザインから絵画へ。

本と美術の展覧会vol.3「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」

美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・記念館が実施している「本と美術の展覧会」。第3弾として、佐藤直樹を迎えた展覧会が6月29日から始まる。

デザイナー/アートディレクターとしてキャリアを開始した佐藤が、数々のエディトリアルデザインやグラフィック雑誌の発刊、アート・デザイン・建築の複合イベントを企画・実施したのちに絵画を精力的に描き始めたのは「それまで意識したことのなかったある場所の気配に身体が反応した」からだと言う。

折々で対峙していた状況に対して全力を注いで行えることを考え、循環的に表現を変えてきた佐藤のデザインと絵画の仕事を初めて同時に展観する …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

西岡ペンシル、塩田千春ほか、注目の展覧会
仲條正義、佐藤直樹、JAGDA新人賞展ほか、注目の展覧会(この記事です)
The One Showグランプリはナイキ「DREAM CRAZY」
GLASSLOFT展、大日本タイポ組合展ほか、注目の展覧会
井上嗣也展 Beginnings、束芋新作展ほか、注目の展覧会
佐々木宏さん、シンガタ卒業。「連」をスタート。
東京TDC賞2019、受賞作品決定
トム・サックス「ティーセレモニー」、ヘイセイ・グラフィックス他、注目の展覧会
JAGDA新人賞は、赤沼夏希、岡崎智弘、小林一毅に決定
JAGDA賞2019に、10作品が決定
「HaHaHa Osaka Creativity Awards」、初となる受賞作品を発表
亀倉雄策賞、パッケージデザイン大賞、受賞作品発表
奥山由之写真展、浅葉克己が世界中から集めたユーモアてん。他、注目の展覧会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る