IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

服という商品をめぐる今の時代の問題意識をメッセージ

ストライプインターナショナル/earth music&ecology
新聞広告

earthが「エシカル」に舵を切ると社長が言いました。うわあ、難しい…困った。いいことやりますという優等生話法だと届きそうにない。本質的なところから考えてみる。全ては「服」が「商品」になったことから始まってる?という気づきをもとに、服という商品をめぐる今の時代の問題意識を提示してみました。広瀬すずさんの強いクローズアップと共に。新聞、交通、Web、店頭まで同一表現で。
(児島令子事務所 コピーライター 児島令子)

  • 企画制作/電通西日本岡山支社+副田デザイン制作所+トレードマーク
  • CD+AD/副田高行
  • CD+C/児島令子
  • CD/権八成裕
  • D/太田江理子、伊藤歩
  • PR/玖島裕、佐々木カンナ
  • 撮影/瀧本幹也
  • ST/伊賀大介
  • HM/小西神士
  • レタッチ/栗山和弥、鼎智幸

UP TO WORKS の記事一覧

「ヒソヒソ姉妹」が見た広告コンクール
『闇金ウシジマくん』で、世界初のデコトラ広告
未来へのメッセージを込めた「FUTURE LINE」
新宿で力士絵になった「バキ道」
心を読めるブックオフの心くん
BOSSから生まれたTEAのキャッチコピーは「ティーっス!」
時空を超えてマンモスと会話をする、マツコマンモス
「考える人に食べて欲しい」カロリーメイトの広告
春が飛び出す瞬間をタイムカプセルで表現
服という商品をめぐる今の時代の問題意識をメッセージ(この記事です)
次の時代へ向けた決意の新聞広告
新元号は「キンチョール」
石野卓球が関西で長年愛されてきたサウンドロゴをアレンジ
「その人だから」こそ必要な備えを考えた防災の企画
「ノートPCはいらない」大学生に必要なものとは?
川上未映子の詩の世界を広げる「のん」のビジュアル
キリンの新しいコーポレートスローガン
3月3日「耳の日」に「耳」だけのポスター
「ちょうどこの高さ。」をもう一度体験する
「大人になったすべての子どもたち」に捧げるポスター
渋谷・原宿を舞台に、スタンスミスを表現する
リリー・フランキー演じる「さけるグミおじさん」登場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る