IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

新元号は「キンチョール」

大日本除虫菊/キンチョール ブランド広告
「新元号キンチョール(4月1日)」新聞広告

早朝、掲載誌をコンビニに買いに行きました。ちゃんと載ってるかな?反応はどうかな?早足で。広告を作りはじめた頃の初心を思い出しました。それぐらいドキドキする企みでした。リアルタイムなネットやSNSに押されても、新聞はもともと「タイムリー」なもの。元号が変わる。4月1日発表というまたとないタイミング(笑)。この一世一代の機会に、「キンチョール」という一文字でコミュニケーションできるクライアントはなかなかないと思います。令和も、殺虫剤はキンチョール。
(電通関西支社 クリエーティブディレクター 古川雅之)

  • 企画制作/電通関西支社+モノリス
  • CD+C/古川雅之
  • AD/茗荷恭平、大松敬和
  • D/水江隆
  • 撮影/村井眞哉
  • レタッチ/濱中英華
  • ST/藤井享子
  • HM/新宮利彦
  • AE/新宅慶之、大窪滋郎、藤島雄輔
  • 製版+印刷/トーン・アップ
  • CAS/津田優子
  • 出演/香川照之

UP TO WORKS の記事一覧

未来へのメッセージを込めた「FUTURE LINE」
新宿で力士絵になった「バキ道」
心を読めるブックオフの心くん
BOSSから生まれたTEAのキャッチコピーは「ティーっス!」
時空を超えてマンモスと会話をする、マツコマンモス
「考える人に食べて欲しい」カロリーメイトの広告
春が飛び出す瞬間をタイムカプセルで表現
服という商品をめぐる今の時代の問題意識をメッセージ
次の時代へ向けた決意の新聞広告
新元号は「キンチョール」(この記事です)
石野卓球が関西で長年愛されてきたサウンドロゴをアレンジ
「その人だから」こそ必要な備えを考えた防災の企画
「ノートPCはいらない」大学生に必要なものとは?
川上未映子の詩の世界を広げる「のん」のビジュアル
キリンの新しいコーポレートスローガン
3月3日「耳の日」に「耳」だけのポスター
「ちょうどこの高さ。」をもう一度体験する
「大人になったすべての子どもたち」に捧げるポスター
渋谷・原宿を舞台に、スタンスミスを表現する
リリー・フランキー演じる「さけるグミおじさん」登場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る