IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

80年代から続くビジュアルの新しい刺激

YOSHIROTTEN

April Greiman『Hybrid Imagery』よりDesign Quarterly 133「Does It Make Sense?」

エイプリル・グレイマンの作品を見たのは、おそらく18、19歳の頃。具体的にいつ見たのか覚えてはいないのですが、当時から僕は70~80年代のデザインが好きで、本を見たり、展示を見たりする中で出会ったのだと思います。彼女は元々グラフィックデザイナーなのですが、当時としてはかなり型破りなことをやっていた人。

グラフィックに止まらず、インテリアや建築、環境空間にまで自分の領域を広げて、アメリカ西海岸において新しいデザインのスタイルを作り上げた。晩年はビジュアルコミュニケーターと名乗っていますね。そして誰よりも早くコンピュータを使ってデザインを始めたのも彼女で、デジタルデザインのパイオニアでもある。当時は賛否両論あったと聞いていますが、今見てもかなり斬新なデザインで、とにかくあらゆる面において、新しいチャレンジを続けている人です …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

80年代から続くビジュアルの新しい刺激(この記事です)
いまなお残る、デザインの初期衝動
時代を超えて古びないデザイン
人の心を動かす強烈なビジュアルメッセージ
文字は、伝えるためのビジュアルである
自分を研ぎ澄ましていくことで生まれる表現

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る