IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

ブラックサンダーが義理チョコ「中止」を宣言!?

有楽製菓ブラックサンダー「ぶっち義理」キャンペーン

義理チョコの「代名詞」を自ら名乗り、義理チョコ文化を応援してきたブラックサンダー。2019年は、「ぶっち義理」をテーマにバレンタインキャンペーンを展開している。

期間限定ショップ第1弾「お土産ショップ」。

期間限定ショップ第2弾「義理チョコショップ」。

「お土産ショップ」から「義理チョコショップ」に変身

「ブラックサンダー 義理チョコ中止!?」。こんな見出しが躍る号外が今年1月、都内各所で配布された。その内容は、ブラックサンダーを販売する有楽製菓が2019年のバレンタインは「土産」に注力するというもので、同社が例年東京駅に出店している義理チョコショップが今年は「お土産ショップ」になると報じられた。

実際に東京駅には、全国ご当地ブラックサンダーを集めた期間限定ショップが1月に登場。同時に公式動画で「バレンタインを司る宇宙人が義理チョコ文化を推進するブラックサンダーを駆逐しに来て、有楽製菓社員は義理チョコがいいのか悪いのかわからなくなってしまった」というストーリーが公開された。

そして約2週間後の1月26日。「やっぱりブラックサンダーは義理チョコ応援!」の宣言と共に、店舗は第2弾の期間限定ショップ「義理チョコショップ」に衣替え。こうして、新限定商品「"ギリ"シャヨーグルト味」をはじめとする過去最大の15種類の商品ラインナップと共に、今年も義理チョコ文化を推進する「ぶっち義理」キャンペーンが始まったのだった …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

ブラックサンダーが義理チョコ「中止」を宣言!?(この記事です)
伊勢丹の包装紙が新たなデザインにリニューアル
「LOVE をはぐくむ家族型ロボット」のローンチキャンペーン
広告と広報を一体化させるWebメディア
ピカチュウや人気タレントがムンクの「叫び」とコラボ
オイルサーディンと「ゴルゴ13」が超A級コラボ!
ケツメイシで埋め尽くされた車両が出現
母と娘を「2人のレディー」として対等に描く
篠山紀信が撮影した101枚のポートレイト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る