IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

『映える』観光資源を詰め込んだコミュニケーション

岡山県/おいでんせぇ#映えの国

「おいでんせぇ #映えの国」キービジュアル

岡山県は昨年12月、お笑いコンビ千鳥の2人が旅館の主人と女将に扮し、岡山弁で「お越しください」を意味する「おいでんせぇ」と出迎えるビジュアルでプロモーションを展開した。「晴れの国は、映(ば)えの国でした。」というキャッチフレーズのもと、東京から岡山まで走るキャラバンカーや同県の魅力を収めた写真を投稿する「#映えの国」Instagramキャンペーンも実施している。

その背景にあるのは、昨年7月に西日本を襲った豪雨被害。企画を担当したビザビのクリエイティブディレクター 杉原慶祐さんは、「岡山後楽園や倉敷美観地区など代表的な観光地も人通りが少なくなっていました。その経済的なダメージを少しでも取り戻すため、首都圏を中心とする県外在住者(主に20~40代女性)を対象に風評被害の緩和および観光誘客を図ることにしました」と話す …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

『映える』観光資源を詰め込んだコミュニケーション(この記事です)
地元バンドを起用し若年層に新聞をPR
滋賀から京都を『挑発』するポスター
岡山市を「鬼カワイイ」切り口で明るく元気にPR!
みかんの『日本代表』を宣言する品質キャンペーン
伊香保温泉に巨大ペヤングが登場
まちづくりゲームを使った地方創生に高校生が挑戦
鈴木福くんが人面魚になって歌うPR動画
選挙で投票できることの価値を逆説的に描く
銀山のまちと写真家の幸せな関係
半魚人のキャラクターが世界記録に挑戦するPR動画
本物の刺しゅうでデザインしたパターンによるビジュアル展開
地方の町の個人飲食店にフォーカスを当てる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る