IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

ターゲットのインサイトを捉えたコンセプト提案

馬場康次(お金のデザイン)


AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービス「THEO」を提供するお金のデザインは、昨年12月に新コンセプト「攻めすぎない、守りすぎない、第3の選択肢"お金の生存戦略"」を定め、テレビCMを開始した。商品はNTTドコモとの協業ブランド「THEO+docomo」で、お金のデザインにとって初のテレビCMとなる。

「ドコモユーザーは全国で約7600万人。ほぼ"マス"に近い存在です。今回広告を行うに当たっては、その中でコミュニケーションターゲットをどこに決めるべきかから提案を求めました」とお金のデザインCMOの馬場康次さんは言う。

オリエンでは、「THEOが貯金から投資への流れの中心となり、選ばれる存在になること」をゴールとして示した。日本において投資への心理的ハードルはいまだ高い …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

ターゲットのインサイトを捉えたコンセプト提案(この記事です)
楽曲ファーストで依頼 耳残りのよさが決め手に
「朝を応援する」というメッセージを女性に届ける
ターゲット像を踏まえたキャスティングが鍵
オリエンへの同調ではない消費者目線での検証があった

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る