IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

時代を超えて古びないデザイン

原野賢太郎

明治「明治おいしい牛乳」(写真は最初に発売された時のものです)

  • AD+D/佐藤卓
  • D/鳥居紫乃、曽根友星、田久保彬
  • 撮影/大久保歩

大学時代、僕にとってデザインとは何か特別な、高貴なもののように感じていました。いつか自分もそこに関わる仕事がしたいと思って、博報堂を受けました。ちょうどその頃、発売されたのが明治の「おいしい牛乳」です。

それまでの牛乳のパッケージは、牛や牧場のビジュアルの前に「牛乳」の文字がタイプされたものが多かったのですが、「おいしい牛乳」はグラスに牛乳を注ぐというビジュアル。きちんとデザインされているけれど、"デザインされているように見えないデザイン"に衝撃を受けました。

このパッケージをデザインした佐藤卓さんは「デザインを消す」ということをよくお話しされています。パッケージデザインの場合、その目的は人と中身をつなぐこと。だから、そこに必要以上のデザインはいらない、と。「おいしい牛乳」は、搾りたての牛乳の味にできるだけ近づけることを念頭に生まれた商品。それゆえに、できるだけ人工的ではない「そのまま」の印象、つまりできるだけデザインをしない方向でデザインをしたと後日、そのデザインの経緯を読みました …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

時代を超えて古びないデザイン(この記事です)
人の心を動かす強烈なビジュアルメッセージ
文字は、伝えるためのビジュアルである
自分を研ぎ澄ましていくことで生まれる表現
デザインという仕事の面白さを教えてくれた展覧会
つくり手の主観でデフォルメされた長く愛される王道な作品

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る