IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

AIで進化するクリエイティブ

カンテレ60周年「最強ギャグロボット AI ハチエモン」

2018年に60周年を迎えたカンテレ(関西テレビ放送)は、60周年キャンペーンの目玉として、独自のAIロボット「AIハチエモン」を開発し、キャンペーンを盛り上げた。

ロボット型AIハチエモン。デザインは、『スターウォーズ』シリーズのビジュアルなどを手がけるカズ・オオモリさんに依頼した。

「AIにボケさせる!」関西流のAI活用に挑戦

カンテレの「AIハチエモン」は、カンテレのキャラクター「ハチエモン」の姿をしたAIロボットだ。頭についているのは相手の声を聞き取る高性能マイク。口の先には笑顔認証機能付きの超小型カメラが仕込んである。IBM社のクラウドAIシステム「Watson」を採用し、あらゆる質問に1000以上のボケで答えるギャグAIを搭載する。

このAIロボットは、カンテレの60周年のテーマ「8ppy!?(ハッピー!?)」に合わせて開発された。「カンテレはこれまで『超えろ』をテーマに企業広告を展開しており、それと60周年の『ハッピー』を掛け合わせた時何ができるかと考え、関西人をハッピーにするギャグAIを開発することを提案しました」とアシタノシカク クリエイティブディレクターの大垣ガクさんは話す。

当初イメージしていたのは、優秀なギャグをディープラーニングで多数読み込ませることで、新ギャグを開発するAIだ …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

AIで進化するクリエイティブ の記事一覧

カンテレ60周年「最強ギャグロボット AI ハチエモン」(この記事です)
AIが考えたバーガーキングのCMは奇想天外?
絵画の鑑賞体験をAIが拡張する
好みの日本酒との出会いを再現性あるものにするAI
人の好みに合わせて「あなたらしい」香りを提案するAIの活用
難病で失われた声を再生するAIプログラムとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る