IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

鈴木福くんが人面魚になって歌うPR動画

山口県下関市/下関観光コンベンション協会「【ふくの本場下関】ふくふくぱくぱく」

PR動画「【ふくの本場下関】ふくふくぱくぱく」。音楽は『マル・マル・モリ・モリ!』を意識して、制作された。

下関観光コンベンション協会は9月29日、「ふく食解禁130年」を機に実施するキャンペーンの一環で、衝撃的な内容のPR動画を公開した。動画の冒頭で、ふぐの顔を割いて登場するのは鈴木福くん。その後も、福くんの人面魚が「♪ふーくふく、ぱっくぱく」と歌いながら、ふく食の歴史を紹介する。

同協会からキャンペーンの依頼を受けたBBDO J WESTのクリエイティブディレクター古屋彰一さんは、その経緯を次のように話す。「当初は、下関のふくを全国的に知ってもらうため、安く食べられる店や各地のふく料理屋の情報を集めたポータルサイトを作りたいと依頼を受けました。ただ、サイトを立ち上げても集客が必要になるので、動画コンテンツの制作を提案したんです」。

企画にあたっては、下関で『ふぐ』が"不遇"を連想させるため、『ふく』(福)と呼ばれていることがヒントになったという …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

まちづくりゲームを使った地方創生に高校生が挑戦
鈴木福くんが人面魚になって歌うPR動画(この記事です)
選挙で投票できることの価値を逆説的に描く
銀山のまちと写真家の幸せな関係
半魚人のキャラクターが世界記録に挑戦するPR動画
本物の刺しゅうでデザインしたパターンによるビジュアル展開
地方の町の個人飲食店にフォーカスを当てる
新聞広告から折った鶴がサッカー観戦チケットに
『ギリギリありそう』な相続トラブルを描いたムービー
新潟の廃車バスが、期間限定アートショップに変身
PR動画の次は、自治体発のライブ配信メディア
大阪府民注目!名物キャラクターが出演するJALのローカル広告
持ち運べる立体ハッシュタグが高松に登場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る