IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

業界ニュース

今月の広告・デザイン関連ニュース

広告・デザイン関連の各協会団体によるクリエイティブのニュースをお届します。

Epica Awards2018 受賞作品発表

世界の広告専門のジャーナリストたちが審査員を務めるフランス発の国際広告賞「Epica Awards」の2018年の審査結果が発表された。今年は69カ国から4020のエントリーがあった。

今年より、グランプリには社会課題の解決に寄与するRESPONSIBILITY、およびメディアを問わないALTERNATIVEの2つのカテゴリが新たに加わり、全部で7つのグランプリが選出された。

RESPONSIBILITYのグランプリに選ばれたのは、全米で行われた高校生たちによる銃規制デモのために提供された「Price On Our Lives(私たちの命の値段)」。ALTERNATIVEのグランプリは、ディーゼルがNYで展開した公式の偽ブランドショップ「DEISEL」のキャンペーンが選ばれた。FILMのグランプリは、ハロウィン向けに資生堂が制作したショートフィルム「The Party Bus 好きだなんて 言えない」が受賞。ほか、5つの日本作品が入賞した。

主な受賞作品

グランプリ
RESPONSIBILITY

・March For Our Lives「Price On Our Lives」(McCann NY)


ALTERNATIVE

・Diesel「Go with the Fake」(Pubulicis Itary)

DESIGN

・Mayor's Fund for Los Angeles「LA Original」(72andSunny)


DIGITAL

・The Times News/ UK & Ireland「JFK Unsilenced」(Rothco | Accenture Interactive)

PRINT

・STABILO International GmbH「Highlight the Remarkable」(DDB Group Germany)

FILM

・資生堂「The Party Bus」(資生堂)

その他日本からの受賞作品

Best Use of Music部門ゴールド

・パナソニック「The Philharmonic Turntable Orchestra」(電通)

Health & Beauty部門シルバー

・アンファー「Washable Book」(マッキャンヘルス)

Restaurants, Bars & Cafés部門ブロンズ

・日本マクドナルド「ヘーホンホへホハイ」
(ビーコンコミュニケーションズ/レオ・バーネットTokyo)

Media Innovation - Traditional Media部門ブロンズ

・福島民報「おくる福島民報」(電通)

Media Innovation - Alternative Media部門ブロンズ

・フレーベル館「0点ミュージアム」(電通)

「やってみなはれ佐治敬三賞」がリニューアル募集

募集ポスター。コピーは児島令子さん。

大阪広告協会の「佐治敬三賞」は、サントリー 佐治敬三氏の広告クリエイターに対する限りない期待と当賞への情熱を称え、1967年に創設された歴史ある広告賞。2000年に「やってみなはれ佐治敬三賞」と改められ、2019年に再びリニューアルすることになった。

リニューアルのポイントは、CMや新聞、OOHといった従来の広告の枠を超え、「チャレンジ精神にあふれた、あらゆるコミュニケーション活動」へと受賞対象を広げたこと。こうした広告の新しい時代を切り拓くチャレンジをした人およびチームを顕彰する。一般公募だが、推薦者による応募も可。エントリー無料。

応募締切

2019年1月22日

対象者

近畿2府4県に在住あるいは勤務しており、過去3年以内に制作発表された広告コミュニケーション活動内容を提出できる人。年齢制限なし。グループでの応募も可能。会員・非会員は問わない。

表彰および賞金

表彰状とトロフィー、副賞としてサントリーホールディングスから賞金50万円

選考委員

委員長:江崎悦朗(江崎グリコ)
副委員長:児島令子(コピーライター)
委員:安藤宏治(博報堂関西支社)/佐藤尚之(コミュニケーション・ディレクター)/鈴木あき子(サントリーコミュニケーションズ)/辻中達也(電通関西支社)/中澤良直(アサツー ディ・ケイ)/中島信也(東北新社)/羽木一成(大広大阪)/原野守弘(もり)/山崎隆明(ワトソン・クリック)

主催:大阪広告協会
共催:京都広告協会、神戸広告協会
協賛:サントリーホールディングス

アドフェスト2019 募集開始


アドフェスト(アジア太平洋広告祭)が2019年度の募集をスタートした。フェスティバルを通じた全体テーマは「TMRRW.TDAY」で、古きを捨て未来へ向けて新たなスキルを身につけ、変化することを表している。それに伴い、「eCommerce Lotus」が新設された。また、これまでのPromo Lotusが「Brand Experience & Engagement Lotus」に、Radio Lotus が「Audio Lotus」に、またBranded Content Lotusが「Branded Entertainment Lotus」へと改められた。

本年度のフェスティバルは、2019年3月20日から23日の4日間、タイのパタヤで開催される。

応募締切

遠隔審査対象カテゴリ:2019年1月11日
Audio Lotus/eCommerce Lotus(新設)/Effective Lotus/Film Lotus (Internet Film & Other Film)/INNOVA Lotus/Interactive Lotus/Mobile Lotus

その他のカテゴリ:2019年1月18日
Branded Entertainment Lotus/Brand Experience & Engagement Lotus/Design Lotus/Direct Lotus/Film Craft Lotus/Film Lotus(Broadcast)/Integrated Lotus/Media Lotus/New Director Lotus/Outdoor Lotus/Press Lotus/Print Craft Lotus

業界ニュース の記事一覧

今月の広告・デザイン関連ニュース(この記事です)
今月の広告・デザイン関連ニュース
今月の広告・デザイン関連ニュース
今月の広告・デザイン関連ニュース
今月の広告・デザイン関連ニュース
今月の広告・デザイン関連ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る