IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

文字は、伝えるためのビジュアルである

工藤(ワビ)良平

ヘルムート・シュミットデザインによる『日本タイポグラフィ年鑑1985』(日本タイポグラフィ編/朗文堂)

小学生の頃、将来の夢は漫画家。だから音楽漬けになった中学生のときも、ヒプノシスなどのレコードジャケットを絵画に近い感覚で見ていました。その後、自然な流れで進学先をデザイン系に絞り、美術科のある大学に進もうとしましたが不合格。浪人中にデッサンの予備校に通ったところ、そこで初めてデザインと美術の違いを認識しました。その結果、自分は油絵を描きたいわけではないことに気づき、大学ではなくデザインの専門学校に進学しました。

卒業後、デザイン事務所に就職したときに気づいたのは、「自分はデザインの教育を全く受けてこなかった」ということ。専門学校の2年間は与えられた課題をこなすことが中心で、デザインとは本来どういうものなのか教わらなかった。デザイン史も知らず、デザインがかっこいいかどうかは、音楽を通じた主観で見ていました …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

文字は、伝えるためのビジュアルである(この記事です)
自分を研ぎ澄ましていくことで生まれる表現
デザインという仕事の面白さを教えてくれた展覧会
つくり手の主観でデフォルメされた長く愛される王道な作品
ミスチル「HOME」から学んだこと
作者の人柄をそのままに、明るさと強さを備えた修悦体

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る