IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

朝、食パンをくわえて走るのは…?

敷島製パン/超熟
「パンだって、走らなくちゃ。」
新聞広告

2018年10月1日に「超熟」が発売20周年を迎え「超熟の日」を制定したこと、これからの「超熟」のメッセージを、時代とともに進化し続けるブランドとして新しい時代に向け、走り出す決意を、新聞全面を生かして表現しました。

これからの「超熟」の担い手として若年層をコアターゲットに、現代の日本のポップカルチャーであるアニメを切り口にした、パンの存在感を示す象徴的なシーン(女子学生が食パンをくわえて走る)を取り上げ、時代に寄り添い、豊かで楽しいパンライフを具現化していくことを伝えています。決してターゲットと相性がいいとは言えない媒体ですが、あえてずらすことで逆に際立ち、SNSなど投稿も期待して「超熟」のメッセージが効果的に伝わることを狙いました。
(敷島製パン マーケティング部 販売促進グループ チーフ 伊藤公則)

  • 広告会社/電通中部支社+YOMIURI BRAND STUDIO+ワントゥーテン
  • ディレクション/敷島製パン
  • CD/上田和実
  • AD/秋山カズオ
  • C+企画/瀧本良夫
  • 企画/武市美穂
  • PR/鈴木慶太
  • I/フライ
  • AE/松田吉史、神田直史、二之形昌弘、岩谷愛麟
  • アシスタント/川合莉穂
  • CAS/下梶谷敦
  • 協力/小学館ガガガ文庫編集部

UP TO WORKS の記事一覧

絵のモチーフは、菅田将暉と2つのアイス
朝、食パンをくわえて走るのは…?(この記事です)
フルMAXで挑んだ、GATSBYの新キャンペーン
社員から社長へのメッセージ
就活生のホンネから生まれたグラフィック
今年6月、最も喋っていた人は?
1925本のジーンズで作った螺旋
滋賀に伝わる奇祭「車鎮祭」とは?
2020年に向けた「ふつう」じゃない体験イベント
「進路に迷った高校生」へのメッセージ
40周年でモザイクになったYMO
星野源プロデューサー登場、NTTドコモの新キャンペーン
謎めいた数字が目をひくフェルメール展の広告
集中するきっかけを表現したビジュアル
安室ファンの思いをシンクロさせたミスティオのメッセージ
日清食品が作った大坂なおみ選手グランドスラム優勝広告
公園通りに出現した「カラクリ装置」
部活の中の青春を切り取った「部活メイト」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る