IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PR企画

ピンクリボンデザイン大賞、受賞作品発表

ピンクリボンフェスティバル運営委員会

クリエイティブの力で乳がん検診の重要性を伝える「ピンクリボンデザイン大賞」。世の中の女性に自分ごと化を促すアイデアが集まり、各賞の受賞作品が発表された。

ポスター部門 グランプリ

岩永雄さん

コピー部門 グランプリ

成田斐さん

ポスターA部門優秀作品

島本剛さん

國塩智香子さん

ポスターB部門優秀作品

草刈玲子さん

立石彩花さん

ポスターA部門入選作品

飯田教仁さん

おがわじゅんいちさん

ポスターB部門入選作品

眞木雄一さん

牧野千紗さん

コピー部門優秀作品

樋川こころさん

うめつはるかさん

コピー部門入選作品

石井雅規さん

松永智文さん

篠原ともえ特別賞

木嶋拓巳さん

    主催

  • ピンクリボンフェスティバル運営委員会(日本対がん協会、朝日新聞社ほか)
  • 特別協賛

  • キリンビバレッジバリューベンダー、富国生命保険
  • 後援

  • 厚生労働省、法務省、東京都、日本医師会、日本看護協会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本癌治療学会
  • 支援

  • Pink Ring
  • 審査員

  • 中村禎(審査員長)、内田喜基、国井美果、田中千絵、中村聖子、三井明子

乳がんの正しい知識や早期発見の大切さを伝え、検診受診を呼びかけることを目的に開催されるアワード「ピンクリボンデザイン大賞」。今年で14回目の開催を迎え、昨年度コピー部門で優秀賞を受賞した佐々木貴智さんのコピー「私が、私を救う。」をテーマにポスターデザインを募集するA部門、「愛」という言葉をヒントに受診を促すポスターデザインを募集するB部門、そしてキャッチフレーズおよびボディコピーを募集するコピー部門の3部門で、計1万3977点(A部門489点、B部門308点、コピー部門1万3180点)の応募が集まった。

その中からポスター、コピー部門のグランプリ各1点、優秀賞各部門2点、入選各部門2点、特別審査員賞1点(特別審査員:アーティスト/デザイナーの篠原ともえさん)の計15点が選出された。グランプリに選ばれたのは、岩永雄さんが雑誌の表紙をモチーフに制作したポスターデザインと、成田斐さんの「女の勘は、誤診する。」というキャッチフレーズだ。

審査員長を務めた中村禎さんは、審査の冒頭に「1人でも多くの人に行動を促し、助けることができる作品を評価するべき」と話した。各審査員はその基準を持って臨み、「ドキッとする言葉で、自分ごと化させる力が強かった」など講評を述べた。

今後、受賞作品は交通広告や雑誌広告として活用される予定だ。

PR企画 の記事一覧

新しいエディター像をここから発信する
AIの発達でDMはどう変わるのか
デザイナーの力が新規事業開発を加速する
商社のビジネス感覚にクリエイティブが掛け合わさると何が生まれるのか?
若年層との接点を創出し、リアルにこだわる異色のエージェンシー
ピンクリボンデザイン大賞、受賞作品発表(この記事です)
混沌とする映像の世界を現場からアップデートする
デジタル領域における企業活動を一気通貫でサポートする
最新プリンターの特殊色を活用、プロダクトブランドの新たな挑戦
話題のアニメーション映画と求人サイトがコラボ動画を制作
ブランドを飛躍させるパートナーとなるデザイン会社
東北新社が映像クリエイターを業界に向け開放、新組織「OND°」誕生
「全国がん登録」の理解を促すアワードから生まれたポスター
アイデアが生まれ形づくるまでをファシリテートする

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る