IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

劇団四季の成長の背景にある3つの理念

吉田 智誉樹

カリスマ演出家・経営者の故・浅利慶太さんから劇団四季を運営する四季株式会社を引き継ぎ、2014年社長に就任した吉田智誉樹さん。第二創業期を迎えた劇団運営はどのような変革を迎えているのか。

1983年西新宿で行われた『キャッツ』の会場全景。
撮影:山之上雅信

以降、全国各地で公演を実施している。上段左から順に、1990年福岡(撮影:山之上雅信)、1992年大阪(撮影:山之上雅信)、2013年静岡、2014年北海道(撮影:札幌広報 大條)。

創設時から掲げる3つの理念

「演劇は、同時代に生きる観客を惹きつけ、必死に支持を求めねばならない …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

劇団四季の成長の背景にある3つの理念(この記事です)
レンタカーに伝統工芸を取り入れ、移動時間を観光に
「ポジティブな予定不調和」を仕掛けるホテルプロデュース
日本の伝統的なおもちゃ「けん玉」をIoT化し、グローバルに展開する
地域で求められるのは、地元住民と観光客のどちらからも必要とされる事業
会社の理念は、「最大限の安全と最小限の環境負荷」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る