IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

レンタカーに伝統工芸を取り入れ、移動時間を観光に

鎌田 学

秋田県の伝統工芸の技術を用いて、車内を装飾した「ご当地レンタカー」。レンタカーで地域の魅力を発信するというアイデアは、どのようにして生まれたのか。

ハンドルとコンソールパネルは、鎌倉時代から約800年続く伝統工芸「川連(かわつら)漆器」(漆を塗布した木器)、ウインドウスイッチパネルは「樺(かば)細工」(山桜の樹皮を使ってつくる木工品)、シートや天井は「秋田八丈」(草木染の高級絹織物)が使われている。

「クルマ×観光」で事業を発想

秋田県の伝統工芸で車内空間を贅沢にしつらえた「AKITAご当地レンタカー」が、2017年8月にスタートした。運営するのは秋田市で中古車販売などを営む企業ドラグーンだ。

同社がレンタカー事業に参入したきっかけは、2015年に社長の鎌田学さんを県の伝統工芸である川連漆器の若手職人が訪ねてきたことにある。「職人さんたちは、川連塗りを用いた自動車の内装部品を考えていて、事業化の可能性を相談されたんです。しかしその時点では、どうすべきか、判断がつきませんでした」と鎌田さん …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

レンタカーに伝統工芸を取り入れ、移動時間を観光に(この記事です)
「ポジティブな予定不調和」を仕掛けるホテルプロデュース
日本の伝統的なおもちゃ「けん玉」をIoT化し、グローバルに展開する
地域で求められるのは、地元住民と観光客のどちらからも必要とされる事業
会社の理念は、「最大限の安全と最小限の環境負荷」
合言葉は「ブルーシートをブルーシードに」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る