IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

カンヌライオンズから分析 世界の広告 手法と切り口

カンヌ再編のポイントまとめ&その他グランプリ受賞作

2018年のカンヌの再編5つの目玉

近年拡大の一途をたどっていたカンヌだが、参加企業にとってエントリー費や参加費が負担となっており、2018年はピュブリシスグループがカンヌ参加を見送った。こうした事態を受け、カンヌはスリム化を目的とした構造改革を実施。今年の総エントリー数は、32,372点と昨年の41,170点から21%のダウンとなったが、ピュブリシスは来年はカンヌに戻ることを表明している。

1.会期


2.部門


3.新部門


4.サブカテゴリ廃止


5.エントリー上限

その他のグランプリ受賞作

    フィルム部門(2/2)

    P&G「The Talk」(BBDO New York)

    アメリカの母子の間で連綿と続けられてきた、人種差別や偏見についての対話をCMで描く。

    プリント&パブリッシング部門

    AB Inbev「TagWords」(Africa Sao Paulo)

    広告にグーグルの「検索ワード」だけを表示し、検索結果の画像から、バドワイザーが音楽祭に協賛してきた事実を知ってもらう仕掛け …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

カンヌライオンズから分析 世界の広告 手法と切り口の記事一覧

カンヌライオンズから分析 世界の広告 手法と切り口の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る