IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

「ポジティブな予定不調和」を仕掛けるホテルプロデュース

龍崎翔子

22歳にして5軒のホテルを経営する新進気鋭のホテルプロデューサー 龍崎翔子さん。今年4月、北海道に新たなホテルをオープンした。人々を惹きつけるホテルはどのようにデザインされているのか。

4月に北海道 層雲峡にオープンした「ホテルクモイ」。古びた旅館を再生したホテルで、水タバコを楽しめるスペースやビリヤードが並ぶプレイラウンジ、暖炉のあるシアタールームなどが整備されている。

ホテルは宿泊客と町を繋ぐメディア

道内有数の温泉街である上川町層雲峡にある旅館が今年4月、「ホテルクモイ」としてリニューアルオープンした。

ホテルクモイは、一般的に思い浮かべる和風の内装の温泉宿とは違い、一歩足を踏み入れると、ヒビの入ったコンクリートやメタリックなステン素材が目に入る。食堂はビリヤードが並ぶプレイラウンジに、フロント前のロビーは暖炉のあるシアタールームにそれぞれ変わり、ホテル内で水タバコを吸えるスペースも用意されている。

「ONSEN2.0」と称してこの新感覚ホテルをプロデュースしたのは、現在22歳で東京大学経済学部に在籍する龍崎翔子さんだ。19歳でホテル企画・運営のL&G GLOBAL BUSINESSを立ち上げ、ほかにも北海道の富良野、大阪、京都、湯河原でホテル経営に携わっている …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

「ポジティブな予定不調和」を仕掛けるホテルプロデュース(この記事です)
日本の伝統的なおもちゃ「けん玉」をIoT化し、グローバルに展開する
地域で求められるのは、地元住民と観光客のどちらからも必要とされる事業
会社の理念は、「最大限の安全と最小限の環境負荷」
合言葉は「ブルーシートをブルーシードに」
職人に弟子入りできる宿

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る