IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

名作100作品の「終わりの1行」

KADOKAWA/角川文庫創刊70周年
「ナゾ解きキャンペーン『カドナゾ』」中吊り、Web

70周年という区切りから次の新しいはじまりへ、という想いを込め、全100作品の「終わりの一行」をモチーフにしました。駅貼りポスターではタイトル・著作名を表記しましたが、中吊りやWebでは隠してクイズ化し、謎解きキャンペーンを展開。読書家の知識を試す難問で、大きな反響を得ることができました。ちなみに、1行目は「罪と罰」。角川文庫がはじめて出版した作品です。本の面白さを再発見する機会になれれば幸いです。
(電通 コピーライター 山田恭子)

  • 企画制作/電通+アドブレーン
  • CD+企画+AD/田中元
  • 企画+C/山田恭子
  • PR/穴沢秀朗、深澤美奈
  • D/山口さくら、高井東子、伊藤真弓
  • AE/永野愛

UP TO WORKS の記事一覧

注目される沿線へ、相鉄線のブランド広告
名作100作品の「終わりの1行」(この記事です)
象印マホービンを100年間見つめた「象の目」
宇多田ヒカルも弾けた「天然水 SWITCH&SPARKLING!」
従来の下着会社のテレビCMとは一線を画すトリンプの企業広告
「なによりも大切なのは、愛」をメッセージしたCM
「女性の髪そのもの」を表現した新TSUBAKIキャンペーン
足元がなぜか「踊ってしまっている」 ムービー
高橋一生、波瑠が語る、毎日の生活の中での「新しい気づき」
「COFFEE」の中に潜んでいた「休み方改革」
アクマになったチキンラーメンのひよこちゃん
資生堂の新しいメッセージ「 違いを愛そう。」
新型特急ロマンスカーのデビュー広告
神戸女学院、パイオニアだからこそ生まれた広告
目と耳から食欲を刺激される動画
ホワイトデーをつくった会社だからこそのメッセージ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る