IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

現実と夢のはざまを描いたCM

福岡県/西日本鉄道「Dreamy town【まちに広がるファンタジー】」

テレビCM・Webムービー「“Dreamy town”【まちに広がるファンタジー】」。音楽は、あえて西鉄のことを知らないフランス在住の作曲家に依頼。普段とは違う不思議な雰囲気を演出している。

動画は、バスに揺られて眠ってしまった男の子とそのお母さんのシーンから始まる。次の瞬間、バスの車窓にクマノミが現れ、駅前にイルカ、畑に宇宙飛行士、と日常のさまざまな風景と空想が交差していく。動画の終盤、親子のシーンに戻り、息子が書いた絵を眺めるお母さんの様子で、これまでの出来事が眠っている男の子の夢であったことがわかる。

このCMは西日本鉄道(西鉄)グループが展開したもので、同社が福岡県で鉄道やバスを中心に多角的な事業を手がけ、沿線の活性化に取り組んでいることの認知拡大が目的だ。

制作を手がけた西鉄エージェンシー クリエイティブディレクターの近藤純さんは、「多岐にわたる事業を伝えようとすると、つい説明的な映像になりがちです。そこで、沿線の活性化を『夢のある街づくり』と捉え直し、企画していきました」と話す …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

小笠原の50の魅力を絵の具で表現する
受け手に寄り添った言葉で、学校設立時の思いを伝える
現実と夢のはざまを描いたCM(この記事です)
球団80年の歴史を親子3世代のユニフォーム姿で表現
地元の人にきっかけと気づきを与えるマガジン
クラゲの美しさを正攻法で表現したビジュアル
誰かと誰かの水曜日の物語が交差する場所
名前の一致が生んだ、限定コラボ
引退するベテラン運転士から妻へのメッセージ
最優秀作品賞は「北海道」、カイくんも受賞
顔の見える発信で市民が観光を盛り上げるプロジェクト
歴代のタカラジェンヌが一堂に会する壮観の壁面広告
桃太郎の新聞広告から、中学校の授業が生まれた

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る