IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

ガッツを持てば、いつもうまくいく

岡崎智弘

「Having Guts Always Works Out For Me」

  • CD+D/ステファン・サグマイスター

この作品を見たのは、社会人になった頃だったと思います。当時、すでにステファン・サグマイスターは国際的なデザイン賞をたくさん受賞しており、デザイン界では知られた人でした。僕も雑誌や展覧会で作品は見ていたのですが、TDC賞のトークイベントで話を聞いて、こんな面白い人がいるんだ、とあらためて意識するようになりました。

数ある作品の中でも、僕が一番好きなのが、「Having Guts Always Works Out For Me(ガッツを持てば、いつもうまくいく)」という作品。オーストリアの『.copy』のために制作されたもので、「Having」「guts」「always」「works out」「for」「me」それぞれの単語が各章のとびらに使われていたようです。最初に目に留まったのが、この作品が持つ身体性 …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

ガッツを持てば、いつもうまくいく(この記事です)
ZINEに見る 人に「伝える」ことの基本
その人自身が体現された文字
デザインを「規格化」するシステム
欠けている部分がある自分だからこそ、実現できたこと
時代を超えて生き続ける実験精神

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る