IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

バレンタインの主役って、誰?

GODIVA
新聞広告

バレンタインデーの主役は「もらう人」ではなく「あげる人」。「あげる人にとって楽しいかどうか」が大切だと思うんです。義理チョコの問題点は、まさにそこ。テレビCMでも「もっと自由にバレンタインデーを楽しもう」という提案をしています。
(もり クリエイティブディレクター 原野守弘)

  • 企画制作/もり
  • CD+AD/原野守弘
  • C/岡本欣也
  • D/佐々木大輔、T.H.
  • APR/橘実里

UP TO WORKS の記事一覧

長寿命、長時間労働、そして長いさけるグミ…の時代?
バーゲンセールの新しい意味を象徴するビジュアル
いま、新しい地図だからできること
セールへ、急げ!女の子の気持ちを表現したパルコのCM
ルミネの新キャラクターは、八木莉可子
愛読書はauのカタログ!? 意識高過ぎ!高杉くん、登場
「ゆず」の新メンバー、2018人とつくりあげたCM
バレンタインの主役って、誰?(この記事です)
編集部選・2018年お正月広告
地球という星にいる「個性」
いま変化を求められる百貨店が放つ言葉
メッセージは「自分がなりたい100パーセントな自分になる」
リスクを学び、立ち向かう勇敢なブタたち
まだ見ぬお客様への「こんにちは」
10年ぶりの大改訂をした「広辞苑」が発した言葉
いちからオリジナル漫画を制作したflumpool のプロモーション
ドロンジョとブラック・ジャックが語り合ったことは…?
紙メーカーとコラボしたOK GoのMV

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る