IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

Book & Magazines

歌人・木下龍也さんが選んだ4冊の本

木下龍也

クリエイターのオフィスを訪ねると、よく見かける、大きな本棚。忙しい仕事の合間に、クリエイターたちはどんな本を読んで、どのように仕事に生かしているのか。今回は、歌人の木下龍也さんです。仕事や人生に影響を受けた本について聞きました。

『哲学・航海日誌』

野矢茂樹(著)
(春秋社)

ゆっくり進むボート。進んでいるのかわからないほどゆっくり。後ろに進んでいることもある。あれ、そもそもどっちが前なんだろう。どこか行くべき場所があるなら、だれかがつくったあの橋を渡ったほうがはやい。もしかしたらこのボートは沈むかもしれない。あ、沈む。ぶくぶく。この湖、思ったより深い。ぶくぶくぶく。ああ、だんだん苦しくなってきた。そろそろ浮かび上がろう。よいしょ、よいしょ、なかなか浮かび上がらない。よいしょ、よいしょ、よいしょ、ぷはーっ。

さて、あなたはボートが沈んだときと同じ位置に浮かんでいる。進んではいない。けれどなぜか、謎の達成感がある。てのひらにはなんだかきらきらしたものが絡み付いている。みたいな本だ。

短歌は生きていくうえで必要なものではない。短歌を書き始めてしまうと、ひとつのものごとについてずっと悩み、だれもが素通りするところでつまずく、ということを繰り返すはめになる。哲学もおそらくそういうものなのではないか。つまり、どちらも不要で不健康だ。ないほうが生きやすい。けれど、哲学も短歌もない人生に僕はもう戻れない。どちらもない人生なんて、あまりにも長くて、すぐに飽きてしまうだろうから …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Book & Magazines の記事一覧

歌人・木下龍也さんが選んだ4冊の本(この記事です)
マームとジプシー 青柳いづみさんが選んだ4冊の本
eavam・大橋二郎さんが選んだ4冊の本
環ROYさんが選んだ4冊の本
STUDY 長畑宏明さんが選んだ4冊
フラワーアーティスト・篠崎恵美さんが選んだ4冊の本

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る