IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

10年ぶりの大改訂をした「広辞苑」が発した言葉

岩波書店/広辞苑第七版
「ことばは、自由だ。」新聞広告

日本を代表する辞書、広辞苑の10年ぶりの大改訂。それだけでも十分プレッシャーですが、デジタル化の波が押し寄せる中、この売れ行きが広辞苑の今後の存続だけでなく出版業界全体や日本語そのものにまで影響を与えてしまうかもしれない。大袈裟なようですが、そんな緊張感を持って"この時代、広辞苑がどうあるべきか"を、チーム全員で考え続けました。

ちょっとした表現がバズったり、炎上したり。誰もがことばの力に関心を持ちながら、その怖さになんとなく窮屈さを感じている今、自分らしく表現するための勇気と自信をくれるパートナーこそ、広辞苑である。そんな考えから生まれたのが、「ことばは、自由だ。」というテーマです …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

UP TO WORKS の記事一覧

編集部選・2018年お正月広告
地球という星にいる「個性」
いま変化を求められる百貨店が放つ言葉
メッセージは「自分がなりたい100パーセントな自分になる」
リスクを学び、立ち向かう勇敢なブタたち
まだ見ぬお客様への「こんにちは」
10年ぶりの大改訂をした「広辞苑」が発した言葉(この記事です)
いちからオリジナル漫画を制作したflumpool のプロモーション
ドロンジョとブラック・ジャックが語り合ったことは…?
紙メーカーとコラボしたOK GoのMV
「日本発の新産業を創る」ことを汐留とLAで宣言
こんなものまでリースできるの?をミニチュアの世界観で表現
広辞苑の世界観を生かしたWebデザイン
小林市の高校生たちの歌から生まれた新聞広告
クラフツマンシップが生きる山崎蒸留所のWeb
ボーダーを超えた「新しい地図」
受験生だけではなく、誰もが経験した気持ちを込めたCM
コンセプトは「現代の屏風絵」
メガネの美しい形を伝えるアノニマスなキャラクター

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る