IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

アーティストが空き家や空き地を再生

北村智子

造船で栄えた大阪・北加賀屋が今、アートのまちへ生まれ変わりつつある。仕掛けたのは地元の不動産会社である千島土地。アーティストによる空き家再生など、ユニークな手法でまちに活気を取り戻している。

北加賀屋・名村造船所跡でのアートイベントの模様

空き地を使った農園も開所

大阪市住之江区の北加賀屋は、基幹産業だった造船工場が昭和末期に相次いで移転し、人口減少が進むエリアだ。北加賀屋の約半分の土地を保有する千島土地は、空き家や空き地をアートで再活用しようと、2009年から「北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想」をスタートした。

最初に取り組んだものが、アーティストによる空き家の再生。工場跡や住居などの建物をアーティストに低価格で賃貸し、物件の改装は自由、退去時の原状回復も不要とした。

「使い勝手が悪かったり、部屋が狭かったりと一般の方には賃貸しにくい古い建物ですが、若いアーティストは賃料を安く抑えたいという希望が強く、また自由に手を加えて自分の城をつくれることも魅力のようです」と、千島土地地域創生・社会貢献事業部の北村智子部長は話す …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

アーティストが空き家や空き地を再生(この記事です)
地域に開かれた場をもたらすコンビニDJ
産地らしさの追求で伝統工芸を発信
効果を生むアワードの設計
日本人の感性を取り入れたワークスペース
メガネの未来に向けた種蒔き

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る