IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

読者が選ぶ 広告グランプリ2017

2017→2018 AD TREND&TOPICS

TOPICS 01 湖池屋のコミュニケーションが変わった

リブランディングを果たした湖池屋からパワフルな施策が次々と誕生。

KOIKEYA PRIDE POTATO

KOIKEYA PRIDE POTATO「100%SONG」篇

スゴーン「スゴーンなダンス」篇

スゴーンWebサイト

ムー超「推薦帯付きムー超」店頭POP

新生湖池屋から目が離せない

編集長:2017年、私が企業として勢いを感じたのは湖池屋です。リブランディングから始まって、新商品でヒットした「KOIKEYA PRIDE POTATO」はじめ、「スゴーン」のリバイバルCMやWebサイトなど、話題に事欠かなくて。

副編:「KOIKEYA PRIDE POTATO」で新生湖池屋を堂々と印象づける一方で、あのスゴーンのWebサイトは衝撃的でした(笑)。カラムーチョとすっぱムーチョが進化した「ムー超」を、本のように書店の店頭に並べたりと…振り切っていますよね。

編集長:湖池屋は、社長が佐藤章さんに変わってから、コミュニケーションが大きく変わりましたよね。

TOPICS 02 格安スマホ次々参入!どうなるケータイ広告?

存在感ある格安スマホCMが続々登場。ケータイ広告の新たな戦国時代を制するのはどこか。

ソフトバンクモバイル「古田の説明」篇

NTTドコモ「だぞ~ん」篇

UQモバイル「UQ家族」

ワイモバイル「ふてニャン」

LINEモバイル「愛と革新。」

BIGLOBEモバイル「SIM替え(染谷将太)」篇

TOPICS 03 CM界に「のん」旋風?

LINEモバイルだけじゃない。地域のCMでものんの起用が相次いだ。

ネッツトヨタ広島「ようこそ、未来の入口へ。」篇。

岩手銀行「ミライへ、のんストップ!」

TOPICS 04 新たな"複数タレント化"が進む

ロングラン広告は、複数タレント化の道へと進んでいく?

earth music&ecology2017 秋テレビCM

ソフトバンクモバイル「古田の説明」篇

TOPICS 05 2017→2018注目タレントは?

不動の広瀬すずと「朝ドラ」組。男性では高橋一生が存在感を発揮した。

広瀬すず
(明星 チャルメラ「すずネコ」より)

ブルゾンちえみ
(Happy Elements あんさんぶるスターズ!Webより)

高橋一生
(資生堂 スノービューティー「Laundry Snow」より)

吉岡里帆
(スタートトゥデイ ZOZOTOWN「待てない女」より) ...

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

読者が選ぶ 広告グランプリ2017の記事一覧

読者が選ぶ 広告グランプリ2017の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る