IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

地域に開かれた場をもたらすコンビニDJ

ある時は、都内某所のコンビニでDJパーティーを開催。またある時は、盆踊りにDJを組み合わせ、その場を老若男女が楽しめるダンスフロアに変える。岸野雄一さんは、地域に「開かれた場」をつくり出す。

コンビニ店内でDJがターンテーブルを回す『コンビニDJ』のフライヤー。海外メディアにも取り上げられ、外国人のお客も訪れるという。

場所は非公開、都内某所で開催

コンビニにDJブースを設置して店内をパーティー空間に変え、地域内外から多くの人を呼び寄せる。コンビニを音楽のチカラで、本当の意味で「開かれた場所」にする試みが『コンビニDJ』だ。

主催するのは、岸野雄一さん。スタディスト(勉強家)を名乗り、東京藝術大学大学院でサウンド・デザインの教鞭を執り、自らもアーティストとして活動し、海外公演も行う。さらに、文化庁メディア芸術祭で大賞を受賞した実績を持つ。

第1回の『コンビニDJ』は2015年秋に行われた。『コンビニDJ』の場所は非公開で、都内某所で行われている。チラシにも大まかな地図しか載っていない ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

地域に開かれた場をもたらすコンビニDJ(この記事です)
産地らしさの追求で伝統工芸を発信
効果を生むアワードの設計
日本人の感性を取り入れたワークスペース
メガネの未来に向けた種蒔き
創造人として重要な4要素

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る