IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PR企画

ピンクリボンデザイン大賞 受賞作品決定

ピンクリボンフェスティバル運営委員会

乳がん検診の必要性をデザインやコピーの力で伝えていくことを目的にしたピンクリボンデザイン大賞。本年は社会的なニュースもあり、参加者の思いがより一層こもった作品が数多く集まった。

ポスター部門 グランプリ

山崎美和さん

コピー部門 グランプリ

貝渕充良さん

ポスターA部門優秀作品

田村貞夫さん

伊野波舞さん

ポスターB部門優秀作品

丸山千佳さん

鳥羽祐輔さん

コピー部門優秀作品

長井謙さん

佐々木貴智さん

ポスターA部門入選作品

島本剛さん

岡崎博美さん

ポスターB部門入選作品

池戸一成さん
共同制作:酒井祐佳さん

真子千絵美さん

コピー部門入選作品

松野伸幸さん

太田垣学さん

東京都知事特別賞

高橋真一さん

今年で、13回目を迎えたピンクリボンデザイン大賞。本年度は、第12回のコピー部門で入選を受賞した郡山俊一さんのコピー「心配性って、ほめことば。」を用いたポスターを募集するA部門、「日常生活」をテーマとし、受診を促すポスターを募集するB部門、そして乳がんの正しい知識や早期発見の大切さを伝え、受診を促すキャッチフレーズおよびボディコピーを募集するコピー部門の3部門で作品を募集。

全部で1万6068点(A部門 335点、B部門 391点、コピー部門 15342点)の応募の中から、各部門のグランプリ1点、優秀賞6点、入選6点、加えて東京都知事特別賞(特別審査員 小池百合子東京都知事)1点が選出された。

グランプリに選ばれたのは、山崎美和さんのイラストによるポスターデザインと貝渕充良さんの「正しく恐がろう。」というキャッチフレーズだ。コピー部門のグランプリについて審査委員長の中村禎さんは、「人の命を本気で救おうという前向きなメッセージ」と評した。また、審査員の内田喜基さんは「アングルの妙が素敵でした」とポスター部門グランプリにコメントした。

今年はタレントの小林麻央さんのニュースを受け、審査員も改めて「人の命がかかっている審査」「このコンテストで審査する責任」と、強い意識で審査に臨んだ。中村聖子さんは「最近は乳がんのニュースがよく取り上げられ、自分の周りでも関心は高まっています。それを踏まえて作品を選びました」と話した。受賞作品は、今後交通広告や雑誌広告として活用される予定だ。

    主催

    ピンクリボンフェスティバル運営委員会
    (日本対がん協会、朝日新聞社ほか)

    特別協賛

    キリンビバレッジバリューベンダー、富国生命保険

    後援

    厚生労働省、日本医師会、日本看護協会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本癌治療学会、東京都

    支援

    Pink Ring

    審査員

    中村禎、内田喜基、国井美果、田中千絵、中村聖子、三井明子

PR企画 の記事一覧

人を動かすDM クリエイティブのメソッド
東京メトロのメディアを活用したクリエイティブアワード
常識を蹴破って進め! 「人」が強みのクリエイティブカンパニー
ピンクリボンデザイン大賞 受賞作品決定(この記事です)
やずやが展開するシニア向け動画サイト その狙いとは?
サンスター文具アイデアコンテスト 結果発表
クライアント直の仕事で培った知識と技術を持つ 唯一無二のチーム
手になじむデザインをひたむきに追い求めるUI/UXのプロ集団
表現の選択肢を広げる最新オンデマンド印刷
デジタルコミュニケーションでつながった日本とヨルダンの笑顔の輪
ブランドの『らしさ』とは何か

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る