IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

EDITOR'S CHECK

最果タヒ『ことばの恐竜』、「PRESS BUTTER SAND」他のデザイン

編集部が街で気になった様々なデザイン

BOOK
最果タヒ
『ことばの恐竜』

(青土社)

  • 装丁/三重野龍

詩人・最果タヒさんの対談集『ことばの恐竜』は、表紙から立ち上がってくるようなタイポグラフィが目を引く。「依頼を受けたとき、このタイトルである理由を自分なりに考えてみました。原始的、初期衝動など、いろいろと想像を膨らませたのですが、対談相手が作詞、詩、セリフ、歌などことばを扱う人たちなので、“ことばの猛者(恐竜)”を表現しているのかなと思いました」と、デザインを手がけた三重野龍さん。

ボコボコとした手触りのオレンジの紙は、かぐや満月130kg。タイトルの恐竜から来るプリミティブなイメージに、この質感が合うと思い選択した。当初はマグマや太陽を思わせる赤で考えていたが、検討を重ねる中でオレンジに落ち着いた。

デザインの核になったのは、恐竜から連想した化石のイメージ。カバー、表紙の表1と表4には人の背中を思わせるラインが描かれており、開いたときにそれらが向き合うように配置されている。「これは人が向き合って、ことばを交わしている状態の化石のイメージ。人は恐竜の化石を見て、その時代の環境や生態を想像しますよね?それと同じように、このカバーを見た人が何かを想像してくれたらいいなと思います」 ...

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S CHECK の記事一覧

最果タヒ『ことばの恐竜』、「PRESS BUTTER SAND」他のデザイン(この記事です)
『バイトやめる学校』、ハンバートハンバート『家族行進曲』他のデザイン
新潟開港150周年記念事業ロゴ、ヒトツブカンロパッケージ他のデザイン
小泉今日子『コイズミクロニクル』、セガホールディングス 新CIのデザイン他
三戸なつめ『なつめろ』、「渋谷区基本構想ハンドブック」他のデザイン
「MARUCHAN QTTA」パッケージ、蓮沼執太&ユザーンCDジャケット他のデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る