IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインプロジェクトの現在

パリ発の「総合美容薬局」

2014年、パリでオープンした「Officine Universelle Buly」は"総合美容薬局"を謳ったショップとして話題を呼んだ。その東京店が代官山にオープン。オーナーでありコミュニケーションディレクターを務めるVictoire de Taillacさんの話を聞いた。

渋谷区恵比寿西にあるオフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー本店。

オフィシヌ・ユニヴェルセル・ビュリーを立ち上げ、代表を務めるラムダン・トゥアミさん(左)と、ヴィクトワール・ドゥ・タイヤックさん(右)。老舗薬局の「オフィシーヌ・ユニヴェルセル」を見事に蘇らせ、新たに「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」として、パリのサン・ジェルマン・デ・プレにオープンさせた。

1803年にルーツを持つブランド

恵比寿駅から歩くこと10分弱。こじんまりした建物の半地下に位置するのが「Officine Universelle Buly(以下 ビュリー)」。閑静な住宅街の一画なのでちょっとわかりづらいが、たくさんのアーチのある風景が目を惹く存在。階段を下りて扉を開くと異空間が現れる。ここは、1803年に誕生したパリの"美容総合薬局"に魅了されたRamdane Touhami(以下 ラムダン)さんとVictoire de Taillac(以下 ヴィクトワール)さんが創り上げたショップだ。

"総合美容薬局"とは何なのか。「フランスではかつて、美容品と薬品を一緒に扱うのは当たり前で、家業としてやっている店がたくさんあったのですが、中でも『ビュリー』は抜きん出た存在でした」とヴィクトワールさん。18世紀後半から香水や化粧品の開発に着手し、1803年にパリのサントノーレ通りに"美容総合薬局"を構えたのが創業者のビュリー氏。美容の専門家であり、時代の仕掛け人としてのビュリー氏の存在は大きく、バルザックの小説のモデルになるほどだったという。優れた商品を開発するとともに、パリ万博にも出品し、ヨーロッパに名を馳せていた。

数々のストーリーに惚れ込んだラムダンさんとヴィクトワールさんは、「ビュリー」を再生させることにした。そして、香水と基礎化粧品を取りそろえた"総合美容薬局"として、独自に開発した化粧品をはじめ、世界中から選りすぐったオイルや美容用具などを提供する「ビュリー」を世に送り出したのだ ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインプロジェクトの現在の記事一覧

デザインプロジェクトの現在の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る