IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

パッケージデザインにも注力 富山の新たなものづくりブランド「技のこわけ」が始動

富山県/越中富山 技のこわけ

「技のこわけ」。富山の技術を生かしてつくられた12cmの小皿23点を発表。

富山県総合デザインセンターは、3月27日に富山のものづくりの技を伝えるブランド「越中富山 技のこわけ」を発表した。2011年に始まった富山県の食文化を伝える統一したお土産ブランド「越中富山 幸のこわけ」に続くプロジェクトだ。

技のこわけの第1弾商品は「福分け皿」。幸のこわけブランドコンセプトである「おすそわけ」を踏襲し、富山の幸をみんなで分け合う直径12センチの小さなお皿23点を揃えた。制作は、県内企業5社および作家5名が参画し、それぞれ異なる6種類の素材が用いられている。フリーランスのバイヤー 山田遊さんら県内外の有識者5名によるプロジェクト委員会によって開発が進められた。

商品パッケージにもこだわりがある。包装紙は、明治時代、日本の工芸品を輸出する際に梱包材に使用された浮世絵が注目され、世界の美術シーンに多大な影響を与えた史実がヒントになっている ...

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

パッケージデザインにも注力 富山の新たなものづくりブランド「技のこわけ」が始動(この記事です)
なくなるョ!全員集合 長く愛された遊園地の閉園をポジティブに
「ドアラのカタキをうって」公式キャラクターが助けを求める
博多から新たな一歩を ベッキーとともにエール贈る
「NINJA」をオールジャパンで発信するプロジェクト発足
村をトマトでブランディング 高知県日高村のプロジェクト
岡山の地元ディーラーが取り組む交通安全プロジェクト
関西は俺たちが守る! 若い世代に向けたWebムービー公開
時代を超えて繋がる家族を仏壇とともに表現
区役所と美大生が製作した新潟と東京が舞台の青春映画
温水さんと記念撮影 日本のひなたを体感
常識に、非をつけろ。静岡新聞の超ドSなキャンペーンが2年目突入
何十年先も踊り継がれる「祭りばやし」を考案

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る