IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

C-1グランプリ

宝島社の企業広告を制作した太田祐美子さんと小松洋一さんが選んだコピーとは!?

プロ、アマ問わず競うコピーバトル、C-1グランプリ。今回審査にあたってくれたのは、宝島社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のコピーで2016年TCC賞を受賞した電通 太田祐美子さんと同アートディレクター小松洋一さん。お2人が選んだコピーとは!?

(左)ゲスト 小松洋一 さん(電通)
(右)出題者 太田祐美子さん (電通)

出題テーマ「死が怖くなくなるコピー」

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。小松さんと二人で、みなさんからいただいたコピーを何度も何度も見返しました。「いやあ、このお題むずかしすぎたかも」と唸りながら。天国は楽しいよと言われても、想像でしかないし。生まれ変わるから大丈夫と言われても、実感がない。何人かの方も書いてくださっていましたが、死はどうやったって怖いものなのだと改めて気づかされました。絶対的に、怖い。そしてそうあるべきなのだと。

そんな中で、よりどころになっていったのが、宝島社の原稿を制作する際に樹木希林さんからいただいた言葉「生きるのも日常、死ぬのも日常」でした。死を疎むことなく、焦ることもなく、日々のこととして受け入れていく。達観したこの姿勢が、やはりひとつの解なのかも。

グランプリに選ばせていただいたのは、そんな1本になりました。死ぬことが怖くなくなることはきっとないけれど、死は決して悪者ではない。人生の一部なのだ。それが今のところ私たちにとっての一番の「死が怖くなくなるコピー」なのだと思い至りました。難しいお題に挑んでくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。(太田)


グランプリ

順 …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

C-1グランプリ の記事一覧

宝島社の企業広告を制作した太田祐美子さんと小松洋一さんが選んだコピーとは!?(この記事です)
副田高行さんと渡邊千佳さんが選んだ「実家に帰らなきゃ」と思えるコピー
中村直史さんと今永政雄さんが選んだ「離島にいきたくなるコピー」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る