DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

働き方は自分で創る クリエイターのワークスタイル改革

CMプランナーからママの課題解決のための動画ディレクターに転身

塚原文子(エブリー)

CMプランナーとして約20年間仕事をしてきた塚原文子さんは、3年前の出産をきっかけに、母親向けの商材の仕事が増加。このテーマに面白さを感じ、ファミリー&ライフスタイルママ向け動画メディア「MAMADAYS」のディレクターへと転身した。

エブリー 塚原文子(つかはら・あやこ)
1974年生まれ。モーニング、博報堂クリエイティブ・ヴォックスのCMプランナーを経て、2017年1月エブリーに転職。「MAMADAYS」のディレクターとして活躍中。

ママの立場とプランナーの経験両方を生かした選択

「MAMADAYS」は、「ママの課題解決」をテーマに、料理、育児、家事、DIYなど多様なジャンルの動画を毎日FacebookやInstagramを中心に配信するファミリー&ライフスタイル向け動画メディア。公開から1年足らずで月間動画再生1000万回、月間視聴者数800万UUを超える急成長ぶりで注目を集めている。料理動画メディア「DELISH KITCHEN」や女性ライフスタイル動画メディア「KALOS」などを展開するエブリーが運営している。

この「MAMADAYS」のディレクターを、今年1月から担当しているのが塚原文子さんだ。前職は博報堂クリエイティブ・ヴォックスのCMプランナー。その前のキャリアから含めると …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

働き方は自分で創る クリエイターのワークスタイル改革 の記事一覧

「働き方」の議論の先にある未来とは
CMプランナーからママの課題解決のための動画ディレクターに転身(この記事です)
出産をきっかけに見える景色が変わった
広告会社・制作会社 45社に独自調査!ワークスタイル改善実践例
シニアの課題はシニアに聞こう!OBクリエイターの新組織発足
肩書きや役割は仕事によって変化していい
「地元に戻ります」という1人の社員の声から名古屋支社を設立
クリエイターとコンサルタントがチームで行う経営支援
広告より手前にクリエイティブの新領域がある
『小さいけれど新しい』アイデアで世の中の隙間をついていく
広告ビジネスのスキルを拡張する 新しい働き方への挑戦